• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ドキュメント
サポート案内
ユーザー登録
サポートセンター
ドキュメント
ダウンロード
セキュリティ
よくある質問とその回答
製品マニュアル
カタログ
収録パッケージ一覧


既知の問題 No. 859

[TCP/IP 設定] でサーバの "ホスト名とドメインネーム" を変更できない


【 現象 】

[サーバ管理] タブ、[システムの設定]、[TCP/IP 設定] にて、サーバの FQDN である
"ホスト名とドメインネーム" を変更しても設定が反映されません。
また、その際に下記のエラーメッセージが表示される場合もあります。

-----------------------------------------------------------------------
有効な期間に入力した値は、有効期限が 2038 年 1 月になるため、
証明書の有効期限を正しい日付に設定できません。
SSL 作成ツールは、2038 年 1 月半ば以降の有効 期限を受け付けられません。
2038 年 1 月以前に終了する値を入力してください。
-----------------------------------------------------------------------


【 原因 】

Turbolinux Appliance Server をインストールした後、初期セットアップウィザード
でサーバの FQDN である "ホスト名とドメインネーム" や、IP アドレスの設定を
行いますが、Turbolinux Appliance Server は、そのタイミングでウェブ管理画面
へ https アクセスする際に使用するダミーの SSL 自己署名証明書を作成します。
その証明書を作成するときの有効期間の指定がデフォルトで 9999 日間に設定されて
います。

また、Turbolinux Appliance Server はウェブ管理画面の [TCP/IP 設定] にて、
"ホスト名とドメインネーム" を変更したときも自己署名証明書を再生成します。
よって、Turbolinux Appliance Server をインストール後に、サーバ管理者が
自己署名証明書を再作成せず、ダミーの証明書情報のままになっていると 
"ホスト名とドメインネーム" の変更の際に、9999 日間有効な証明書を再作成しよう
とします。
しかし、2010/09/03 12:14 以降に "ホスト名とドメインネーム" の変更を行うと、
作成しようとする証明書の有効期間が 2038/01/18 日以降の 2038 年問題の日時を
過ぎてしまうため証明書作成に失敗し、本現象が発生しています。

※本件につきましては、修正パッケージによる対応を予定しており、現在、不具合の
解消に向けて修正作業を進めております。

お客様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、アップデートパッケージの公開までは、
以下にご案内しております回避手順で  "ホスト名とドメインネーム" の変更を行って
頂きますようお願いいたします。


[2010/10/04]
修正パッケージがリリースされました。TurboPlus よりパッケージをアップデート
してください。

勧告番号:TLBA-2010-24
http://www.turbolinux.co.jp/update/update_history/2010/TLBA-2010-24j.txt



【 回避手順 】

1.ウェブ管理画面に admin ユーザでログインします。


2. [サーバの管理] タブ、左記メニューの [セキュリティ]、[SSL] と辿ります。
[自己署名ディジタル証明書の作成] を押下し、必要な設定項目を入力します。
その際、[有効な期間] には 2038/01/18 を超えない短い期間を指定してください。

[自己署名ディジタル証明書の作成] を押下して自己証明書を作成します。

[有効な期間] を "1年" と指定して自己証明書を作成した際は [証明書の有効期限] 
が 1 年後の日付になっていることを確認します。

< 2010/09/10 に Turbolinux Appliance Server をインストールし、[有効な期間]
を"1 年" と指定した場合 >
-------------------------------------
[証明書の有効期限] 2011 年 9 月 10 日
-------------------------------------


3. [サーバの管理] タブ、[システムの設定]、[TCP/IP] と辿り、[TCP/IP 設定] 画面
で "ホスト名とドメインネーム" などを設定後、[保存] を押下します。
設定内容が反映されていることを確認します。


以上で終了となります。

関連文書
(none)

対象製品
  • Turbolinux Appliance Server 3.0
  • Turbolinux Appliance Server 2.0
    Last modified : Fri Sep 10 JST 2010 # 2