• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ドキュメント
サポート案内
ユーザー登録
サポートセンター
ドキュメント
ダウンロード
セキュリティ
よくある質問とその回答
製品マニュアル
カタログ
収録パッケージ一覧


ハードウェアとドライバ No. 844

SoftBank C01SW を使用する


Turbolinux Client 2008 で SoftBank 社のデータ通信カード C01SW
を使用してインターネットに接続するまでの手順を紹介します。


1.  C01SW を ご利用いただくには、Yum Extenderまたは yum コマンドで
    あらかじめ sierra-kernel パッケージをインストールする必要があります。
    yum コマンドの場合は、[Kメニュー]-> "システム" -> "端末コンソール"
    を起動し以下の通りrootユーザーになって実行します。

    $ su - 
     パスワード: <-- root のパスワードを入力
    # yum install sierra-kernel-'uname -r'

    確認のメッセージが表示されたら y を入力します。

2.  C01SW を PC の USB ポートに接続します。

3.  コンソールから root ユーザーで次のように実行しサービスを停止します。

     #  /etc/init.d/network stop

4.  [Kメニュー]-> "インターネット" -> "インターネット接続
   (モデム/PHSカード通信)" を選択し KPPP を起動します。

5. 「KPPP」画面で[設定]ボタンをクリックします。
    "アカウント"タブで[新規]ボタンをクリックし表示されたダイアログ
    で[手動設定]ボタンをクリックします。

6. 「新規接続先 - KPPP」画面で "接続名" に任意(例:SoftBank)
    の名前を入力し[追加]ボタンをクリックします。

7. 「電話番号を追加 - KPPP」画面で "電話番号" に "*99#" を入力し
   [OK]ボタンをクリックします。

8. 「新規接続先 - KPPP」画面に戻ったら[OK]ボタンをクリックします。

9. 「KPPPの設定」画面で "モデム" タブを選択し[新規]ボタンを
    クリックし「新規モデム -KPPP」画面を開きます。

10. "デバイス" タブで "モデム名" に任意の名称を(例:C01SW)、
    "モデムデバイス"のプルダウンリストから "/dev/ttyUSB3" を、
    "接続速度" からは "460800" をそれぞれ選択し、
    "モデムのタイムアウト" は "60秒" に設定します。

11. "モデム"タブを選択し[モデムコマンド]ボタンをクリックして
   「モデムコマンドの編集 -KPPP」を開きます。
   ここでは、"初期化文字列2:" に "AT+CGDCONT=1,"IP","softbank""
    を入力し、"ボリュームオフ/小/大" の 3 つの入力欄をすべて空白に
    設定し[OK]ボタンをクリックします。

12.「新規モデム -KPPP」画面に戻り[OK]ボタンをクリック、
   「KPPPの設定」画面でも[OK]ボタンをクリックします。

13.「KPPP」画面で "ログインID" と "パスワード" を入力し[接続]ボタンを
    クリックし接続します。


キーワード
SoftBank C01SW

関連文書
(none)

対象製品
  • Turbolinux Client 2008
    Last modified : Fri Dec 25 JST 2009 # 1