• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ドキュメント
サポート案内
ユーザー登録
サポートセンター
ドキュメント
ダウンロード
セキュリティ
よくある質問とその回答
製品マニュアル
カタログ
収録パッケージ一覧


Tips No. 797

Compiz Fusion(3D デスクトップ)を無効にするには


Turbolinux Client 2008、12.5 では、ビデオカードが対応している場合
デフォルトでは Compiz Fusion(3D デスクトップ)が有効になります。
無効な状態で起動する手順を解説します。


【LivDVD / LiveCD の場合】
Turbolinux Client の起動画面で起動メニューから "simple" を選択します。
または、[F3]キーを押して "起動オプション" に no3ddesktop を指定します。


【HDD へインストール後のシステムの場合】
Turbolinux Client の起動画面で[F2]キーを押して "起動オプション" に
no3ddesktop を指定します。

【次回起動時からも無効にする場合】
HDD へインストール後のシステムで次回起動時からも、起動オプションを指定せず
無効にするには /etc/sysconfig/compositing-wm ファイルをエディタで編集します。

<変更前>
COMPOSITING_WM_START=auto

<変更後>
COMPOSITING_WM_START=no


※grub.conf ファイルに no3ddesktop オプションを指定したエントリを
追加して起動時に選択することも可能です。
キーワード
Compiz Fusion 3D Desktop

関連文書
(none)

対象製品
  • Turbolinux Client 12.5
  • Turbolinux Client 2008
    Last modified : Mon Sep 03 JST 2012 # 5