• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ドキュメント
サポート案内
ユーザー登録
サポートセンター
ドキュメント
ダウンロード
セキュリティ
よくある質問とその回答
製品マニュアル
カタログ
収録パッケージ一覧


ガイド No. 788

Turbolinux Client 2008 の リポジトリについて


Turbolinux Client 2008 では、yum を使ってパッケージの配布を行っています。
現在以下のリポジトリが公開されています。

manbo: 
    Mandriva 社と協同開発を行っているシステムのコアパッケージ類です。

turbolinux: 
    Turbolinux で開発を行ったパッケージ類です。

non-free: 
    Turbolinux がそれぞれの開発元と配布権を確認している商用パッケージ類です。
    Turbolinux 以外から配布には、それぞれのパッケージの開発元との配布権の
    確認が必要です。
    リポジトリのミラーなどには、これらのパッケージは含めないようご注意ください。

各リポジトリには、original, updates, sources, untested のバリエーション
があります。それぞれの意味は以下の通りです。

original (リポジトリ名そのまま): 
    製品発売時のパッケージが含まれます。

updates: 
    セキュリティ更新や不具合修正が行われたパッケージが含まれます。

sources: 
    各パッケージのライセンスにより公開されているパッケージのソースコードです。

untested:
    Turbolinux で、まだテストが行われていないパッケージや、開発途中のパッケー
    ジです。untested にあるパッケージをインストールするとシステムが起動しなく
    なったり、重大な障害が発生する可能性があります。
    untested パッケージを導入したシステムはサポート対象外となります。
    ご理解いただいた上で十分ご注意の上ご利用ください。
    また、untested に含まれるパッケージが将来リリースされる保証もございません。


ソースコードの入手には、yumdownloader (yum-utilsパッケージにふくまれる)
を利用することができます。

キーワード
yum Yum Extender repository

関連文書
(none)

対象製品
  • Turbolinux Client 2008
    Last modified : Wed Sep 10 JST 2008 # 1