• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ドキュメント
サポート案内
ユーザー登録
サポートセンター
ドキュメント
ダウンロード
セキュリティ
よくある質問とその回答
製品マニュアル
カタログ
収録パッケージ一覧


Tips No. 768

一般ユーザにて、K3b を利用した DVD 書き込みができない


【原因】
submount プロセスが起動してると、その影響で一般ユーザにて K3b を利用して
DVD 書き込みが行えません。


【対処方法】
以下の手順を行って submount プロセスを終了し、その後、K3b を利用して DVD へ
書き込みが可能かご確認下さい。

1. root ユーザになります。

2. 以下のコマンドを実行し、submount プロセスを終了します。

   # /etc/rc.d/init.d/submount stop


submount プロセスは、FUJI 起動時に自動起動しますので、FUJI の起動時に
submount プロセスを起動しないようにするには以下の手順を行って下さい。

1. [メニュー] → [システム管理] → [サービス] の設定を開き、
   [管理者モード] にて root のパスワードを入力します。

2. submount の項目の起動時のチェックを外し [適用] を押下し、
   [OK] を押下します。

3. 再起動を行い、submount プロセスが起動してない事をご確認下さい。


コンソール上から submount プロセスが起動しないようにするには、以下の
コマンドを実行します(ランレベル3、5で起動する場合)。

# chkconfig submount off
キーワード
DVD

関連文書
(none)

対象製品
  • Turbolinux FUJI
    Last modified : Thu May 29 JST 2008 # 3