• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ドキュメント
サポート案内
ユーザー登録
サポートセンター
ドキュメント
ダウンロード
セキュリティ
よくある質問とその回答
製品マニュアル
カタログ
収録パッケージ一覧


ネットワーク No. 763

e1000 ドライバを使用したシステムにてリンクダウンが発生する


【現象】
Intel e1000 ドライバを使用したシステムにてパケットロス、リンクダウン
が発生する。


【対策】
TSO(TCP Segmentation Offload)を off 設定とし、RxIntDelay=0 の明示的
な指定(デフォルト値ですが明示的に指定)を行うことで本現象を回避できる
場合があります。


1. Turbo プラスより最新のアップデートを適用します。
   アップデートの適用後、再起動を行った状態にて手順2.を行って下さい。

   ※Turbo プラスを実行するには予めライセンス登録を行う必要があります。


2. ethtool コマンドにて tcp segmentation offload を off に設定します。

   # ethtool -K eth0 tso off

   上記設定は再起動を行うと無効になります。
   起動後に設定を有効にするには /etc/rc.local の最後に以下の記述を追加します。

   # vi /etc/rc.local

   [/etc/rc.local]
   ------------------------------------------------------
       if [ -x /usr/sbin/ethtool ]; then
        /usr/sbin/ethtool -K eth0 tso off
       fi
   ------------------------------------------------------


3. /etc/modules.conf に下記のように記述を追加します。

   # vi /etc/modules.conf

   [/etc/modules.conf]
   ------------------------------------------------------
      alias eth0 e1000
      options e1000 RxIntDelay=0 ← この行を追加します。
   ------------------------------------------------------

   もし、e1000 ドライバを使用する NIC が複数存在する場合には、
   それぞれの NIC に指定する値をカンマ " , " で区切ります。
   ---------------------------------------
      alias e1000 eth0
      alias e1000 eth1
      options e1000 RxIntDelay=0,0
   ---------------------------------------

   修正後、下記コマンドを実行します。

   # depmod -a

4. システムを再起動します。

   # reboot

キーワード
Intel

関連文書
(none)

対象製品
  • Turbolinux Appliance Server 2.0
  • Turbolinux 10 Server
    Last modified : Mon Mar 17 JST 2008 # 1