• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ドキュメント
サポート案内
ユーザー登録
サポートセンター
ドキュメント
ダウンロード
セキュリティ
よくある質問とその回答
製品マニュアル
カタログ
収録パッケージ一覧


ブートとディスク管理 No. 752

TOMOYO Linux のプロンプトが表示され、Kernel panic となる/システム起動停止ができない


「Optional CD」に含まれている ccs-tools パッケージを
コマンドライン等からインストールした場合や
アップデートサイトで公開中の同パッケージを
turbo+ で選択をしてインストールした場合

システム起動時に "TOMOYO Linux" のプロンプトが表示され、
kernel panic になる/またはシステムの起動停止ができなくなります。

【対策】
プロンプトに続けて"disable" と入力することで TOMOYO Linux を
無効にした状態でシステムを起動することが可能です。


TOMOYO Linux を使用しない場合は、プロンプトで disable と入力して
起動後、rpm -e ccs-tools コマンドを実行し、パッケージを削除
してください。


なお、Turbolinux 11 Server のインストーラから ccs-tools パッケージ
がインストールされることはありません。コマンドライン等から
本パッケージをインストールした際には注意が必要です。




キーワード
TOMOYO Linux

関連文書
(none)

対象製品
  • Turbolinux 11 Server
    Last modified : Fri Nov 30 JST 2007 # 1