• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ドキュメント
サポート案内
ユーザー登録
サポートセンター
ドキュメント
ダウンロード
セキュリティ
よくある質問とその回答
製品マニュアル
カタログ
収録パッケージ一覧


既知の問題 No. 749

ルートパーティション領域 ( / ) のディスク使用状況がアクティブモニタ上で問題発生と表示される


【 現象 】
仮想サイト上で JSP と Servlets サービスを利用している場合、
システムのルートパーティション領域 ( / ) のディスク使用容量が増大し、
サーバ管理画面内のアクティブモニタ上にて「ディスクの使用状況」ステータスが
レッド (深刻な問題発生) 又はイエロー (問題発生) で表示される。

上記状態でシステムを再起動すると、ルートパーティション領域 ( / ) の
ディスク使用容量は正常値へ戻る。


【 原因 】
mod_jk モジュールのログファイル (mod_jk.log) に対するログローテート処理に
問題があった為、オープンされた mod_jk.log のファイルディスクリプタが
残留していた事が原因。


【 対策 】

以下の手順により /etc/logrotate.d/tomcat の内容を変更する事で
本現象を回避する事が可能です。


1. システム上へ root ユーザでテキストログイン後、jakarta-tomcat パッケージが
   バージョン 4.1.29-7 までアップデートされている事を、下記コマンドより確認して下さい。

   # rpm -q jakarta-tomcat
   jakarta-tomcat-4.1.29-7


   インストールされている jakarta-tomcat のパッケージバージョンが
   上記バージョンより古い場合、管理画面上の Turbopkg よりアップデートして下さい。



2. /etc/logrotate.d 以下へ配置された tomcat ファイルを下記のように変更し、
   ファイルを保存します。

   (変更前)
   /usr/java/jakarta-tomcat/logs/mod_jk.log {
       missingok
       compress
       size 1000M
   }


   (変更後)
   /usr/java/jakarta-tomcat/logs/mod_jk.log {
       missingok
       compress
       size 50M
       copytruncate
   }



3. 既に現象が発生している場合には、httpd サービスを再起動する必要があります。
   下記コマンドから httpd サービスを再起動して下さい。

   # service httpd restart

キーワード
HDD df du tomcat

関連文書
(none)

対象製品
  • Turbolinux Appliance Server 1.0 Hosting Edition
    Last modified : Wed Oct 10 JST 2007 # 3