• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ドキュメント
サポート案内
ユーザー登録
サポートセンター
ドキュメント
ダウンロード
セキュリティ
よくある質問とその回答
製品マニュアル
カタログ
収録パッケージ一覧


XFree86 No. 735

スクリーンセーバーを利用するとXがハングしてしまう


XFree86 を利用した X Window System にて、スクリーンセーバーを利用
すると、X Window System がフリーズする場合があります。

この現象は、XFree86 の X Window System 上で、スクリーンセーバーを
利用する場合に制限事項があり、以下の記述を /etc/X11/XF86Config の
DefaultDepth を 16 に設定することで改善されます。
また SubSection "Display" の  Depth   16 の行の下に Modes 行を
追記してください。

--- XF86Config の Screen 部分--------------------------------

Section "Screen"
        Identifier      "Screen0"
        Device          "Card0"
        Monitor         "Monitor0"
        DefaultDepth    16         ← この行を 16 に設定する。
        SubSection      "Display"
                Depth   8
        EndSubSection
        SubSection      "Display"
                Depth   15
        EndSubSection
        SubSection      "Display"
                Depth   16
                Modes   "1024x768" "800x600" "640x480" ← この行を追加する。
        EndSubSection
        SubSection      "Display"
                Depth   24
                Modes   "1024x768" "800x600" "640x480"
        EndSubSection
EndSection


-------------------------------------------------------------
キーワード
XF86Config X Window System X Server XFree86 X xfree86 X XFree86

関連文書
(none)

対象製品
  • Turbolinux 10 Server x64
  • Turbolinux 10 Server
    Last modified : Wed Mar 14 JST 2007 # 1