• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ドキュメント
サポート案内
ユーザー登録
サポートセンター
ドキュメント
ダウンロード
セキュリティ
よくある質問とその回答
製品マニュアル
カタログ
収録パッケージ一覧


ガイド No. 726

Intel チップセットを搭載したノートPCの変形解像度を設定できない


【現象】
Intel チップセットを搭載したノートPCの変形解像度を設定できない。


【原因】
Intel 915GM や 945GM を使用した最近のノート PC の中には、変形解像度
(1280x768、1280x800等)のモニターを搭載している機種を多く見かけます。
しかし、xorg の Intel 系ドライバ "i810_drv" で表示可能な解像度は
VBE(VESA BIOS Extension)でサポートされた解像度、つまり一般的な
1024x768 や 1280x1024 等の解像度だけです。したがって、通常は変形解像度
の設定を行うことはできません。


【対策】
Turbolinux FUJI のアップデートパッケージとして公開されている xorg-x11 
の 6.8.2-37 以降で自動的に変形解像度を取得する機能を実装しました。
パッケージをアップデートすることで Intel チップセットを搭載したノート PC
の変形解像度の設定が可能です。

設定手順は以下の通りです。

1. xorg-x11 をアップデートします。
   Turboプラスで最新の状態にアップデートすれば OK です。

2. X を再起動、またはコンピュータを再起動します。

3. デスクトップの右下にあるスクリーンサイズ変更アプレットをクリックします。

4. ご使用のノートパソコンの変形解像度がリストされていれば、その変形解像度へ
   変更可能です。

5. 変形解像度を選択します。解像度が動的に変更されます。


注意)Intel チップセットを搭載したすべてのノート PC で変形解像度の設定が
可能になるわけではありません。
キーワード
X Window System X

関連文書
(none)

対象製品
  • Turbolinux FUJI
    Last modified : Wed Jul 19 JST 2006 # 1