• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ドキュメント
サポート案内
ユーザー登録
サポートセンター
ドキュメント
ダウンロード
セキュリティ
よくある質問とその回答
製品マニュアル
カタログ
収録パッケージ一覧


Tips No. 702

リモートホストのXアプリケーションを表示して使用する


【解説】

これは、リモートホスト上にあるXアプリケーションをローカルホスト上で表示し、
使用する事が出来るというものです。これにより、ローカルホスト上ではインストール
されていないXアプリケーションでも、少ないリソースで使用する事ができます。

【設定】

例として以下の環境で設定するものとします。

(1) アプリケーションを表示する側(以下、Xサーバとします)

IPアドレス:172.16.0.1

(2)アプリケーションを実行する側(以下、Xクライアントとします)

IPアドレス:172.16.0.2


まず、Xサーバの設定を行います。

(1) テキストモード(runlevel 3)でrootにてログインします。

グラフィカルモード(runlevel 5)でログインしている場合、下記コマンドを
コンソール画面上から入力し、テキストモードに切り替えてrootでログインします。

# init 3

(2) /etc/X11/kdm/kdmrc 内の一部を修正し保存します。

[/etc/X11/kdm/kdmrc] 修正前
-------------------------------------------
ServerArgsLocal=-nolisten tcp -dpi 75
-------------------------------------------

[/etc/X11/kdm/kdmrc] 修正後
-------------------------------------------
ServerArgsLocal=-dpi 75
-------------------------------------------

(3) 修正を保存後、下記コマンドより X を立ち上げます。

# startx

(4) コンソール画面上からxhostコマンドを実行します。

# xhost + XクライアントのIPアドレス

例)
# xhost + 172.16.0.2


次に、Xクライアントの設定を行います。

(1) XサーバからXクライアントへリモートログインします。

ここでは、sshコマンドを使用します。

# ssh  XクライアントのIPアドレス

例)
# ssh 172.16.0.2

(2) Xクライアントへのログインが成功したら、コンソール画面から下記コマンドを
  実行します。

# export DISPLAY=XサーバIPアドレス:0.0

例)
# export DISPLAY=172.16.0.1:0.0


以上で設定は終了です。
Xクライアント上のコンソールからアプリケーションを起動させると、
Xサーバの画面上でアプリケーションが表示されます。
キーワード
X xhost

関連文書
(none)

対象製品
  • Turbolinux FUJI
    Last modified : Tue Feb 14 JST 2006 # 1