• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ドキュメント
サポート案内
ユーザー登録
サポートセンター
ドキュメント
ダウンロード
セキュリティ
よくある質問とその回答
製品マニュアル
カタログ
収録パッケージ一覧


Tips No. 7

[CAPS]と[CTRL]キーを入れ替えたい


PC/AT 100%互換機のJP106キーボードは、[Caps Lock]キーと[Ctrl]キーの位置が
NEC PC98X1シリーズや最近のMacintoshのそれと逆になっており、NEC PC98ユー
ザーだった人にとってはかなり抵抗のある使いづらいキーボードだと感じている
方も少なくないかと思います。

そこで、[Caps Lock]キーと[CTRL]キー(左の[CTRL]キー)を置き換えて、正しい
キー配列(?)にしてしまう方法の紹介をさせていただきます。TurboLinuxでは、
X Window System動作時と、コンソール時でそれぞれ異なるKeycodeファイルを
参照しています。そのため、コンソール時、X Window System時に分けて説明い
たします。以下の作業はrootユーザーで行ってください。

(1) コンソールモードのキー配列の変更方法

/usr/lib/kbd/keytables
 ディレクトリへ移動し、jp106.map.gzファイルを解凍し、jp106.mapファイルを
編集します。

# cd /usr/lib/kbd/keytables
# gunzip jp106.map.gz
# vi jp106.map

[変更前 jp106.map]
----------------------------------
 keycode  58 = Caps_Lock
 keycode  97 = Control
----------------------------------

[変更後 jp106.map]
----------------------------------
 keycode  58 = Control
 keycode  97 = Caps_Lock
----------------------------------

 上記の2箇所の変更を行ったのち、jp106.mapを保存してから、元に戻します。

# gzip jp106.map

 これで、再起動後に新しいキーマップが有効になります。

(2) X Window Systemでのキー配列の変更方法

/usr/X11R6/lib/X11/xkb/keycodes/xfree86

 ファイルを編集します。

# vi /usr/X11R6/lib/X11/xkb/keycodes/xfree86

// For japanese 106 keyboard.
 表記より下にある2箇所を変更します。

[変更前 xfree86]
----------------------------------
    <CAPS> =  66;
    <LCTL> =  37;
----------------------------------

[変更後 xfree86]
----------------------------------
    <CAPS> =  37;
    <LCTL> =  66;
----------------------------------

 この編集の後、[ctrl]+[alt]+[backspace]でXを再起動するか、startxでXを起動
することで、X Window System環境でも[Caps Lock]キーと[Ctrl]キーを入れ替える
ことができます。
キーワード
PC-9801 PC-9821 Keyboard CAPS CONTROL NEC CTRL LCTL Keymap

関連文書
(none)

対象製品
  • Turbolinux Server 6.1
  • Turbolinux Server 6.0
  • Turbolinux Workstation 6.0 LE
  • Turbolinux Workstation 6.0
  • Turbolinux Pro 4.2
  • Turbolinux 4.0
    Last modified : Wed Jan 16 JST 2002 # 4