• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ドキュメント
サポート案内
ユーザー登録
サポートセンター
ドキュメント
ダウンロード
セキュリティ
よくある質問とその回答
製品マニュアル
カタログ
収録パッケージ一覧


Tips No. 686

KDE 標準のプリンタ設定ウィザードを使用したい


Turbolinux FUJI には、ターボリナックスが独自に開発したプリンタ設定ツールが収録
されており、コントロールセンターのプリンタ設定等で、プリンタの追加を行う際には、
本ツールが起動します。ターボリナックスのプリンタ設定ツールはネットワークプリンタ
の自動検出やローカルプリンタのドライバ自動設定機能が実装されており、プリンタの
設定を容易にします。

しかし、現バージョンのツールでは自動検出できなかった場合や、ドライバの自動設定
ができなかった場合に、手動でプリンタを設定する手段がないため、そのような場合は
以下の手順で、KDE 標準のプリンタ設定ウィザードを起動して、プリンタの設定を行う
ことが可能です。
(将来的には、ターボリナックスのプリンタ設定ツールから、KDEのプリンタ設定ウィザード
が起動できるようにアップデートパッケージを提供する予定です。)


1. Turboプラスを起動して、kdelibs パッケージをアップデートします(kdelibs_devel、
kdelibs_debug パッケージもインストールされている場合は、これらのパッケージも
アップデートします)。
 
2. アップデート完了後、ファイルマネージャを起動します。

3. "表示" メニューから "隠しファイルを表示" を有効にします。

4. ホームフォルダへ移動します。

5. .bashrc というファイルが存在しますので、ダブルクリックして開きます。

6. ファイルの末尾に以下の行を追加し、保存します。

     export USE_KMWIZARD=true

7. ログアウトを実行し、X Window System を再起動します。


これで、設定は完了です。コントロールセンターの "プリンタ設定" で 
"追加" -> "プリンタ/クラスを追加" を選択すると、KDEのプリンタ設定ウィザード
が起動します。
キーワード
print printer

関連文書
(none)

対象製品
  • Turbolinux FUJI
    Last modified : Tue Nov 29 JST 2005 # 1