• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ドキュメント
サポート案内
ユーザー登録
サポートセンター
ドキュメント
ダウンロード
セキュリティ
よくある質問とその回答
製品マニュアル
カタログ
収録パッケージ一覧


既知の問題 No. 685

Turbolinux FUJIでPPPoEの設定が出来ない


【問題】
Turbolinux FUJI をインストールしたが PPPoE でユーザー名等を入力出来ない


【回避方法】
Turbolinux FUJI 製品版に含まれる PPPoE の既知の問題としてアップデートパッケージが
リリースされております。
http://www.turbolinux.co.jp/update/update_history/2005/TLBA-2005-47j.txt


しかしながら、お客様の環境が現在 PPPoE による ADSLもしくは光ファイバー接続しかなく、
プロバイダに接続する設定が行えない為にアップデート出来ない場合は以下の手順を行って
下さい。

1. 画面左下のメニュー「設定」→「コントロールセンター」→ 「システム 管理」→「サービス設定」
    を選び、サービス設定画面を起動します。

   画面下にある「管理者モード」ボタンを押すと root パスワードを 聞かれますのでインストール時
   に設定したパスワードを入力します。

2. 「起動サービス設定」タブが選択された状態で「IIim」というサー ビスが「実行中」という表示の
    ボタンになっていますので、これを 右クリックして「停止」を選択して下さい。

3. メニューの「ユーザの切替」→「新規セッションを開始」を選択してログイン画面を表示させ、
  root ユーザでログインします。

4. この状態で、RP-PPPoE 設定ツールは半角英数字での入力は可能となっていますので、
  設定を行った上で接続等の確認を行って下さい。

5. 接続が確認出来たら、最新環境へアップデートを行って下さい。

6. アップデートが完了したら、再度「サービス設定」画面を起動して再度「IIim」サービスを起動して
    下さい。

7. 既に開始されているセッションでは IIim サービスが停止しているために ATOK 等が利用でき
    ない場合が有ります。その場合は再度ログインし直して下さい。
キーワード
ADSL PPPoE B Flet's

関連文書
(none)

対象製品
  • Turbolinux FUJI
    Last modified : Tue Nov 29 JST 2005 # 1