• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ドキュメント
サポート案内
ユーザー登録
サポートセンター
ドキュメント
ダウンロード
セキュリティ
よくある質問とその回答
製品マニュアル
カタログ
収録パッケージ一覧


XFree86 No. 643

Turboメディアプレーヤで画面が乱れる/動画が表示されない


【現象】

Turbo メディアプレーヤー(コマンド名: kaffeine)で画面が乱れる/動画が表示されない。

【原因】

Turbo Media Player(コマンド名 kaffeine)は、起動時に適切なビデオ出力モジュール
を自動的に設定します。ビデオカードが Xv 出力に対応している場合は、Xv出力が選択
されますが、一部のビデオカードでは、Xv 出力を行った場合に画面が乱れる場合が
あります。

Xv 形式は、ビデオカードへダイレクトに描画処理を行うため、処理が高速です。
ただし、ハードウェアの Xv 対応状況によっては正しく動作しない場合があります。
一方、XShm 形式は、通常のウィンドウ描画方法と同じように、X Window System 
の命令を介して描画を行います。描画性能は Xv 形式と比べて劣りますが、再生画面
をキャプチャをしたり、リモートのウィンドウにも描画が可能であるなど、通常の
ウィンドウと同様に扱うことができます。

【対策】

ビデオ出力の形式を "xshm" に変更してください。

※ Turbolinux Client 2008 の場合は、Compiz Fusion(3D デスクトップ)を無効
にすることで表示できる可能性があります。
Turbolinux Client 2008 の起動画面で[F2]キーを押し起動オプションに 
no3ddesktop を指定し Compiz Fusion 無効で起動してください。


【設定】

1. Turbo メディアプレーヤー(kaffeine)を起動します。

2. [設定] -> [xineエンジンのパラメータ]を選択します。

3. 画面左の "video" アイコンをクリックし、「videoオプション」を表示します。

4. 「一般オプション」タブの "driver" を "xshm" に設定します。



キーワード
X Window System xine

関連文書
(none)

対象製品
  • Turbolinux Client 2008
  • Turbolinux FUJI
  • Turbolinux HOME
  • Turbolinux 10 Desktop / F...
    Last modified : Tue Dec 21 JST 2004 # 1