• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ドキュメント
サポート案内
ユーザー登録
サポートセンター
ドキュメント
ダウンロード
セキュリティ
よくある質問とその回答
製品マニュアル
カタログ
収録パッケージ一覧


ツールの解説 No. 642

Ogg形式でオーディオファイルを圧縮する


【解説】

Ogg Vorbisとは、完全にオープンでパテントフリーな音声圧縮フォーマットです。
高機能なオーディオエンコーダやストリーミングテクノロジを利用することができます。

Vorbis.com
http://www.vorbis.com/

【エンコード】

oggencコマンドを使用すれば、raw,WAV,AIFFの各形式をOgg Vorbis形式に変換することが
可能です。

これがもっとも簡単な方法です。track01.oggというファイルが作成されます。

$ oggenc track01.wav

出力ファイル名を指定したければ、-oオプションを指定します。

$ oggenc track01.wav -o music.ogg

ビットレートを指定するには、-bオプションを指定します。

$ oggenc -b 256 track01.wav

ビットレートの代わりに、クオリティ値で指定する方法もあります。
0から10が指定可能で標準は3です。数値が大きいほど音質が良くなります。

$ oggenc -q 6 track01.wav

エンコード前にダウンサンプリングとダウンミキシングを実行することができます。
例として、11kHzにダウンサンプリングし、ステレオをモノラルにダウンミキシング
する場合は次のようにします。

$ oggenc --resample 11025 --downmix track01.wav -q 1 

タイトルやアーティスト名などの情報を追加することも可能です。
-tオプションでタイトルを、-aオプションでアーティスト名を、-lオプションで
アルバム名を、-cオプションでその他のコメントを記述します。

$ oggenc  track01.wav  -t "The track title" -a "artist who performed this" -l "name of album" 
          -c  "OTHERFIELD=contents  of  some  other field not explictly supported"

たとえば、同じアルバムから3つのトラックをエンコードするような場合で、同じアルバム名
やアーティスト名を指定するけれども、トラックのタイトルはそれぞれ異なるというような
際には、-nオプションを使用すると便利です。
次の例では、"The  Tea  Party - Touch.ogg"というようなファイル名で作成されます。

$ oggenc  -b  192  -a  "The  Tea  Party"  -l  "Triptych"  -t  "Touch"
          track01.wav   -t  "Underground"  track02.wav  -t  "Great  Big  Lie"
          track03.wav -n "%a - %t.ogg"

【konquerorを使用したサンプリングとエンコード】

konquerorのオーディオCDブラウザを使用する方法もあります。

1)
音楽CDをセットし、konquerorを起動します。

2)
場所の欄に"audiocd:/"と入力します。

3)
Ogg Vorbisディレクトリを開きます。

4)
CDの各トラックが、Ogg Vorbis形式のファイルとして参照できますので、それを適当な
HDD上のパスにコピーします。

【再生】

Ogg Vorbis形式のファイルは、プラットフォームを問わず様々なアプリケーションで
再生が可能です。
Turbolinuxでは、konquere上でのプレビューの他、xmmsやTurbo Media Player(xine-lib)
による再生が可能です。
コマンドによる再生では、ogg123を使用します。

実行例:
$ ogg123 sound.ogg

【ご注意】

他人の著作物を無断で複製し利用した場合、著作権や著作隣接権を侵害する恐れがあり
ますので十分にご注意ください。
キーワード
Ogg Konqueror xine

関連文書
(none)

対象製品
  • Turbolinux HOME
  • Turbolinux 10 Desktop / F...
  • Turbolinux 8 Workstation
    Last modified : Tue Dec 21 JST 2004 # 2