• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ドキュメント
サポート案内
ユーザー登録
サポートセンター
ドキュメント
ダウンロード
セキュリティ
よくある質問とその回答
製品マニュアル
カタログ
収録パッケージ一覧


XFree86 No. 621

X Window SystemでTouchPadを使用する


【解説】

IBM ThinkPadシリーズ等に付属しているsynapticsのTouchPadをX Window System上で
使用するためには、XF86Configファイルが正しく編集されている必要があります。
インストール中に自動認識された場合は、設定ファイルは自動的に編集されますので、
特に設定をする必要はありません。
もしインストール中に正しく認識されなかった場合には、以下の記述に従って設定を
行って下さい。

【注意】

Turbolinux 10 Desktop をご利用の場合、インストール中にシステムがハングアップする
場合があります。この問題を回避するためには、
「Turbolinux 10 Desktop 用 アップデートディスク ver.20040608」(update-20040608.tl10d.img)
または、「Turbolinux 10 Desktop Update Kit」のご利用ください。

【設定】

1) /etc/X11/XF86Config を次の例に従って編集します。

a) "ServerLayout" セクションに次の行を追加します。

----------------------------------------------
InputDevice “Mouse1” “SendCoreEvents”
----------------------------------------------

b) “Mouse1”という名前の“InputDevice”セクションを追加します。

例)
----------------------------------------
Section "InputDevice"
    Identifier "Mouse1"
    Driver "synaptics"
    Option "LeftEdge" "1700"
    Option "RightEdge" "5300"
    Option "TopEdge" "1700"
    Option "BottomEdge" "4200"
    Option "Finger" "25 30"
    Option "FingerLow" "25"
    Option "FingerHigh" "30"
    Option "MaxTapTime" "180"
    Option "MaxTapMove" "220"
    Option "VertScrollDelta" "100"
    Option "MinSpeed" "0.06"
    Option "MaxSpeed" "0.12"
    Option "AccelFactor" "0.0010"
    Option "UpDownScrolling"
    Option "EmulateMidButtonTime" "100"
    #Option "SHMConfig" "on"
    Option "Protocol" "event"
    Option "Device" "/dev/input/event2"
    #MouseName "Synaptics - TouchPad (PS/2)"
EndSection
----------------------------------------

2) システムを再起動し、BIOSの設定画面にてTouchPadの機能が有効であることを
   確認します。
キーワード
Thinkpad synoptics X Window System

関連文書
  • [598]Synaptics デバイスが動作しないことがある

    対象製品
  • Turbolinux 10 Desktop / F...
    Last modified : Wed Jun 23 JST 2004 # 1