• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ドキュメント
サポート案内
ユーザー登録
サポートセンター
ドキュメント
ダウンロード
セキュリティ
よくある質問とその回答
製品マニュアル
カタログ
収録パッケージ一覧


ガイド No. 611

StarSuite 7 Product Update 2 を適用したが、起動中のスプラッシュ画面に Product Update 2 と表示されない


【現象】
StarSuite 7 Product Update 2 を適用したが、起動中のスプラッシュ画面に
"Product Update 2" と表示されない。

Product Update 2 が正常に適用されている場合、StarSuite 7 起動時に表示
されるスプラッシュ画面もしくはメニューの[ヘルプ]-[StarSuite情報]
に "Product Update 2" と表示されます。

もし、表示されない場合、Product Update 2 は正常に適用されていません。

【原因】
原因としては以下が考えられます。

原因 1)
StarSuite7 をローカルインストールし、ターボリナックス提供の SS7_update2
スクリプトを使用して Product Update 2 を適用、もしくは Sun の Web サイト
の記載に従ってコマンド入力時に -patch をつけて適用した場合

原因 2)
StarSuite7 をワークステーションインストールし、Sun の Web サイトの記載に
従ってコマンド入力時に -patch をつけずに適用した場合


Turbolinux 10 Desktop では /opt/starsuite7 以下に StarSuite7 本体が
「ネットワークインストール」されます。StarSuite7 を各ユーザーが使用する
には、 StarSuite7 の初回起動時に表示されるインストーラの
「インストールの種類を選択」画面で「ワークステーションインストール」
(デフォルトで選択されています)を選択するようにマニュアルでも記載して
おります。この場合、各ユーザの個人情報など必要なファイル(約3MB)のみ
をユーザのホームディレクトリにインストールするため、ディスクの使用量を
節約することができます。

しかし、「インストールの種類を選択」画面で「ローカルインストール」を
選択してしまうと、/opt/starsuite7 以下にネットワークインストールされた
StarSuite7 本体をそのまま各ユーザのホームディレクトリにインストールする
ため、一人のユーザあたり約 270MB ものディスク容量が必要になります。

そのために、ターボリナックスでは「ワークステーションインストール」を推奨
しており、デスクトップ環境(KDE)のメニューは、/opt/starsuite7/ に
インストールされた StarSuite7 を起動するようにデフォルトで設定されています。
したがって、原因 1)、原因 2) の手順で Product Update 2 を適用した場合、
KDE のメニューから StarSuite を起動してもパッチの適用されていない
/opt/starsuite7/ の StarSuite を起動してしまうため、スプラッシュ画面で
"Product Update 2" の表示を確認することができません。

※自分のホームディレクトリにローカルインストールした StarSuite
(例:$HOMEstarsuite7/soffice)をコマンドラインから起動している場合は、
この限りではありません。


【正しくProduct Update 2を適用する方法】

ローカルインストールした StarSuite7 を削除し、
ワークステーションインストールでインストールし直すことをお勧めします。
ローカルインストールでインストールした StarSuite7 を削除するには、
以下のプログラムを起動します。
(StarSuite を $HOME/starsuite7/ にインストールした場合)

$HOME/starsuite7/program/setup

削除完了後、StarSuite7 を起動するとインストーラが表示されます。
[インストールの種類を選択]画面でデフォルトの
[ワークステーションインストール]を選択してインストールを完了して
ください。また、以下を参照して、Product Update 2 を適用してください。

http://www.turbolinux.co.jp/knowledge/public/610.html
キーワード
StarSuite

関連文書
(none)

対象製品
  • Turbolinux 10 Desktop / F...
    Last modified : Mon Mar 22 JST 2004 # 1