• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ドキュメント
サポート案内
ユーザー登録
サポートセンター
ドキュメント
ダウンロード
セキュリティ
よくある質問とその回答
製品マニュアル
カタログ
収録パッケージ一覧


ハードウェアとドライバ No. 608

P-in Free を使用する


Turbolinux 10 Desktop(以下10D)で @FreeD 専用のデータ通信機器である
P-in Free 1P を使用してインターネットに接続するまでの手順を紹介します。
なお、@FreeD は NTT ドコモが提供する定額制データ通信サービスです。

1. 10D Update Kit を適用します。製品リリース時のカーネル関連パッケージでは、
期待する接続速度で通信することができません。10D Update Kit の詳細や適用方法
については以下のサイトを参照してください。

http://www.turbolinux.co.jp/10d/updatekit/

Update Kit の適用後は、カーネルを有効にするために、システムの再起動を忘れず
に行ってください。

2. 再起動後、10D にログインして、P-in Free を PC カードスロットに差し込みます。
/var/log/messages を参照すると、以下のようなログが出力され、/dev/ttyS2 と
してシステムに認識されたことがわかります。


Mar 15 20:42:52 hiroyuki2 cardmgr[493]: socket 1: Serial or Modem
Mar 15 20:42:52 hiroyuki2 cardmgr[493]: executing: 'modprobe serial_cs'
Mar 15 20:42:53 hiroyuki2 cardmgr[493]: executing: './serial start ttyS2'
Mar 15 20:42:53 hiroyuki2 kernel: Force setup to 16550A
Mar 15 20:42:53 hiroyuki2 kernel: ttyS2 at I/O 0x3e8 (irq = 10) is a 16550A


3. 10D でダイヤルアップ接続をするには、KDE に標準で付属する KPPP を使用します。
メニューから[プログラム]→[インターネット]→[インターネット接続設定(PPP)]
を選択します。

4. [設定]ボタンをクリックして[KPPP の設定]画面を表示します。

5. 新規アカウントを作成します。[新規]ボタンをクリックすると、アカウントの作成
方法を選択するダイアログが表示されますので、[ダイアログでの設定]ボタンを
クリックします。

6.[接続名]にプロバイダ名など、わかりやすい名前を入力します。
次に[追加]ボタンをクリックして、アクセスポイントの電話番号を入力します。
OK]ボタンをクリックして、[KPPPの設定]画面へ戻ります。

7.[デバイス]タブを表示し、モデムの接続されているデバイスを選択します。
先に、/var/log/messages で確認したように、プルダウンメニューから /dev/ttyS2
を選択します。

8.[モデム]タブを表示し、[モデムコマンド]ボタンをクリックします。
P-in Free にはボリュームの設定がありません。画面の最後にあるボリュームの設定
を削除して空白にします。これで、KPPP の設定は完了です。

9. 接続ダイアログにはログイン ID とパスワードの入力エリアがありますが、mopera
接続の場合は必要はありませんので、0 などの適当な数字を入力しておいてください。

10.[接続]ボタンをクリックして接続を開始します。
キーワード
P-in Free

関連文書
(none)

対象製品
  • Turbolinux 10 Desktop / F...
    Last modified : Thu Mar 18 JST 2004 # 1