• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ドキュメント
サポート案内
ユーザー登録
サポートセンター
ドキュメント
ダウンロード
セキュリティ
よくある質問とその回答
製品マニュアル
カタログ
収録パッケージ一覧


XFree86 No. 572

X の画面をとばすことができません


Turbolinux 10 Desktop がデフォルトのログインマネージャとして使用している
GDM では標準の設定で X サーバーへの TCP 接続を許可していません。
そのため、グラフィカルログイン時に X の画面をリモートホストへ飛ばしたい
場合は、以下の手順に従い、X サーバーへの TCP 接続を許可する設定を
行う必要があります。

(1) root で gdmsetup コマンドを実行し、GDM の設定画面を表示します。
(2) セキュリティタブを表示して、"常に X サーバーへの TCP 接続を許可しない"
の選択を解除します。
(3)[閉じる]ボタンをクリックして gdmsetup を終了します。

これで、次回ログイン時からX サーバーへの TCP 接続が許可されます。
キーワード
X Window System gdm

関連文書
(none)

対象製品
  • Turbolinux 10 Desktop / F...
    Last modified : Wed Oct 22 JST 2003 # 1