• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ドキュメント
サポート案内
ユーザー登録
サポートセンター
ドキュメント
ダウンロード
セキュリティ
よくある質問とその回答
製品マニュアル
カタログ
収録パッケージ一覧


ネットワーク No. 545

ローカルタイムを参照先とするNTPサーバーの構築


【解説】

上位のNTPサーバーから時刻を取得するのではなく、自分自身を参照先とする
NTPサーバーの構築の方法を解説します。

【手順】

(1) /etc/ntp.conf ファイルの編集
server に 127.127.1.0 を指定します。

---------------------------------------
# LOCAL CLOCK
server 127.127.1.0
---------------------------------------

server に 127.127.1.0 を指定すると、NTPサーバが時間を合わせる基準として
自分自身のローカルクロック(システム時刻)を使用します。
127.127.1.0は、時間を取得するデバイスを指定するためのNTP独自の表現で
127.127.1.0を指定するとシステム時刻から時間を取得するようになります。
IPアドレスと同じ形式のため紛らわしいですが、このままの数字を記入して下さい。


(2) NTPサーバの再起動
xntpd 再起動し、設定を反映させるために以下のコマンドを実行します。

# /etc/rc.d/init.d/xntpd restart

※実際に同期を開始するには、場合によって5分程度かかる場合があります。


(3) 同期の確認
以下のコマンドで同期が取れているかどうかを確認します。

# ntpq -p
例)
     remote           refid      st t when poll reach   delay   offset    disp
==============================================================================
*LOCAL(0)        LOCAL(0)         3 l   53   64  377     0.00    0.000   10.01

上記のように表示されれば終了です。
キーワード
time ntpdate NTP xntp

関連文書
  • [318]NTPサーバーの設定方法

    対象製品
  • Turbolinux 10 Server
  • Turbolinux 8 for AMD64
  • Turbolinux 8 Server
  • Turbolinux 8 Workstation
  • Turbolinux 7 Server
  • Turbolinux Server6.5
  • Turbolinux 7 Workstation
  • Turbolinux Server 6.1
  • Turbolinux Advanced Server 6
  • Turbolinux Server 6.0
  • Turbolinux Workstation 6.0 LE
  • Turbolinux Workstation 6.0
    Last modified : Fri Jun 20 JST 2003 # 1