• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ドキュメント
サポート案内
ユーザー登録
サポートセンター
ドキュメント
ダウンロード
セキュリティ
よくある質問とその回答
製品マニュアル
カタログ
収録パッケージ一覧


カーネル No. 539

shutdown 時に自動的に電源が落ちない


【現象】

shutdown 時に自動的に電源が落ちない

【原因】

OS からシステムの電源を切る機構には、APM 経由または ACPI 経由の 2つがあります。
ただし、全ての機種で 自動的に電源が切れる訳ではありません。サーバ系 chipset
では、デスクトップ系の chipsetと異なり、電源が自動的に切れない場合があります。
また、特に SMP システムは、電源が切れないことが多いです。

【対策】

下記手順に従い電源が自動的に切断されるかどうかを確認してください。
手順に従っても電源が切れない場合、原因として、ご使用のシステムに依存したものと
判断することができるため、電源の切断は手動で行う必要があります。
BIOS のアップデートを行なうことで、こうした問題が回避される場合もあります。

APM 対応の BIOS、カーネルであるかどうかは、 `apm -v` コマンドで確認できます。

$ apm -v

APM BIOS と Linux APM ドライバのバージョン情報が表示されます。
APM BIOS x.x (kernel driver x.xx)などと表示されることを確認してください。
APM 非対応カーネルの場合は、「No APM support in kernel」のメッセージが表示
されます。

どちらの条件も満たしているのに電源が切れない場合は、APM 機能を無効、ACPI 機能
を有効にすることで電源が自動的に切れる場合があります。
GRUB からの起動時に、コマンドモードで起動し、apm=off acpi=on オプションを指定
します。

grub> kernel (hd0,2)/boot/vmlinuz root=/dev/hda3 apm=off acpi=on

apm=off acpi=on を行の最後に追記します。それ以外の項目は修正する必要はありませ
ん。
入力後、システムを起動し、`shutdown -h now` コマンドで電源が切れるかどうかを
確認します。
自動的に電源が切れたら、apm=off acpi=on オプションを /boot/grub/grub.conf の
kernel 行に記述しておくことで、次回起動時からオプション入力の手間を省くことが
できます。

例)
[/boot/grub/grub.conf]
------------------------------------------------
title TurboLinux
kernel (hd0,1)/vmlinux root=0304 apm=off acpi=on
initrd (hd0,1)/initrd
------------------------------------------------
キーワード
shutdown apm BIOS ACPI

関連文書
(none)


Last modified : Fri May 16 JST 2003 # 1