• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ドキュメント
サポート案内
ユーザー登録
サポートセンター
ドキュメント
ダウンロード
セキュリティ
よくある質問とその回答
製品マニュアル
カタログ
収録パッケージ一覧


XFree86 No. 536

ダイレクト・レンダリング機能を使用して3D表示を高速処理する


【解説】

XFree86 にて Direct Rendering Interface (DRI) を使用すると、3Dレンダリング等を
高速に処理することが可能になります。

【準備】

Turbolinux 8 Workstation 以上
DRIに対応したビデオカード(VRAM 16MB以上推奨)

* DRIを使用するためには、ご利用のビデオカードをサポートするカーネルモジュールと、
  XFree86のドライバモジュールが必要になります。あらかじめ関連サイト等で対応状況を
  ご確認ください。

【設定】

(1)
XF86Config ファイルを編集します。

"Module"セクションに
-----------------------------
    Load    "dri"
-----------------------------
を記述します。

"DRI"セクションを記述します。
-----------------------------
Section "DRI"
        Mode 0666
EndSection
-----------------------------

(2)
X Window System を起動します。

$ startx

(3)
動作を確認します。

- /proc/dri/0 が存在することを確認します。
- 次のコマンドを実行し、Yesと表示されていることを確認します。

$ glxinfo | grep "direct rendering"
direct rendering: Yes

【トラブルシューティング】

X Window Systemが起動しなくなったり、DRIが正常に機能しない場合には、ログファイル
/var/log/XFree86.0.log の出力を確認し、問題を取り除いてください。

【参考】

XFree86
http://www.xfree86.org/

Direct Rendering Interface (DRI)
http://dri.sourceforge.net/
キーワード
XFree86

関連文書
(none)


Last modified : Mon Mar 03 JST 2003 # 1