• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ドキュメント
サポート案内
ユーザー登録
サポートセンター
ドキュメント
ダウンロード
セキュリティ
よくある質問とその回答
製品マニュアル
カタログ
収録パッケージ一覧


ブートとディスク管理 No. 532

PXEネットワークブートによるNFSインストール


【解説】

PXE(Preboot eXecution Environment)とは、ネットワークブートの規格です。
PXE対応のNIC(Network Interface Card)はこの規格に準拠したソフトウェアをROM上に
保持しており、PXEサーバが存在するネットワーク環境で、ネットワークブートが可能
になります。
ネットワークブートが有効になっているクライアントPCの電源を入れると,PXE
エージェントが動作しDHCPサーバからIPアドレスを取得します。その後、PXE
エージェントはTFTPサーバからシステムが起動する為に必要なカーネルとinitrdの
イメージファイルをダウンロードしこれに制御を移します。

【設定】

Turbolinux 8 Serverではネットワークブートサービスを提供する方法として、
PXEサービスが追加されています。

DHCPサーバとPXEサーバが同じマシンの場合と別の場合では設定方法が異なります。
以下に2つの手順を示します。

【DHCPサーバ、PXEサーバを別のマシンで使用する場合】

●使用した機器構成

DHCPサーバ(Turbolinux 8 Server)
TFTP、PXE、NFSサーバ(Turbolinux 8 Server)
PXEネットワークブート対応のノートPC(SONY PCG-SRX7S/PB)
  
1) TFTPサーバ

ダウンロードするイメージファイルをTFTPで公開します。
TFTPはxinetd経由で起動されますので、chkconfigコマンドでtftpを有効にし、xinetd
を再起動します。

# chkconfig tftp on
# /etc/init.d/xinetd restart

/etc/hosts.allowファイルを編集し、クライアントPCのアクセスを許可します。

[/etc/hosts.allow]
--------------------------
in.tftpd : 192.168.0.0/24
--------------------------

2) イメージファイル

/tftpboot/X86PC/UNDI-2.1/linux-install/ディレクトリに2つのイメージファイルを
配置します。イメージファイルはカーネルをlinux.1, initrdをlinux.2という名前で
配置します。

インストールするTurbolinux 8 WorkstationのInstall CD1に収録されている
イメージファイルをコピーします。

# mount /mnt/cdrom/
# cd /mnt/cdrom/images
# cp ./vmlinuz /tftpboot/X86PC/UNDI-2.1/linux-install/linux.1
# cp ./initrd.img /tftpboot/X86PC/UNDI-2.1/linux-install/linux.2

ファイルに実行権を与えます。

# chmod 755 /tftpboot/X86PC/UNDI-2.1/linux-install/*

3) PXE

設定ファイルは/etc/pxe.confになります。
今回のようにDHCPサーバと別のホストに設定している場合は特に設定の必要はありま
せん。

PXEを起動します。

# /etc/init.d/pxe start

4) NFS

Install CDをネットワーク経由でインストールするためにNFSを使用します。

/etc/hosts.allowファイルは環境に合わせて編集してください。

[/etc/hosts.allow]
-------------------------
portmap : 192.168.0.0/24
-------------------------

エクスポートディレクトリ(/mnt/nfs/)を作成します。

# mkdir /mnt/nfs/

/etc/exportsファイルに以下の記述を追加します。

[/etc/exports]
-------------
/mnt/nfs/ 
-------------

Turbolinux 8 WorkstaionにはInstall CDが2枚ありますのでこれら2つのInstall CDを
ひとつにまとめてハードディスクへコピーしておく必要があります。

Install CD1
turboディレクトリをエクスポートするディレクトリにコピーします。

# cp -R /mnt/cdrom/turbo/ /mnt/nfs

Install CD2
turbo/RPMSディレクトリ以下のファイルを先ほどコピーしたturbo/RPMSディレクトリへ
コピーします。

# cp -R /mnt/cdrom/turbo/RPMS/ /mnt/nfs/turbo/

portmap、nfsを起動してください。

# /etc/init.d/portmap start
# /etc/init.d/nfs start

5) インストール

BIOSでネットワークブートを有効にし、ノートPCをネットワーク経由でブートします。
DHCPからIPを取得後、[F8]キーを押しメニューを表示します。
メニューから「Remote Install Linux」を選択すると、イメージファイルのダウンロード
が開始され、続いてインストーラが起動します。
インストーラが起動したら、
「インストール方法」の画面で、NFS imageを選択します。
「TCP/IPの設定」の画面で、動的IP設定を使用するにチェックを入れ、DHCPサーバから
IPアドレスを取得します。
「NFSセットアップ」の画面で、手順4)で設定したNFSサーバのホスト名、
エクスポートディレクトリを指定します。
以後は通常通りインストールを行うことが可能です。

【DHCPサーバ、PXEサーバを同じマシンで使用する場合】

●使用した機器構成

DHCP、TFTP、PXE、NFSサーバ(Turbolinux 8 Server)
PXE対応のノートPC(SONY PCG-SRX7S/PB)

1) TFTPサーバ

上記と同様になります。

2) イメージファイル

上記と同様になります。

3) DHCP

DHCPサーバ、PXEサーバを同じマシンで使用する場合、/etc/dhcpd.confに変更が
必要になります。

[/etc/dhcpd.conf]
----------------------------------------------
ddns-update-style none;

subnet 10.1.1.0 netmask 255.255.255.0 {
range 10.1.1.1 10.1.1.100;
option vendor-class-identifier "PXEClient";   <- 追加
}
----------------------------------------------
option行で「vendor-class-identifier "PXEClient"」指定します。
この行を指定しないとクライアント側はIPを取得できません。

DHCPを起動します。

# /etc/init.d/dhcpd start

4) PXE

PXEは、DHCPまたはBOOTPと組み合わせて使用する必要があります。
PXEサーバとDHCPサーバが同じマシンを使用するとき、/etc/pxe.confのUseDHCPPortを0
に指定します。これにより、PXEサーバに含まれるProxyDHCPがポート67番を使用する
ようになります。

[/etc/pxe.conf]
-------------------
UseDHCPPort 0
-------------------

PXEを起動してください。

# /etc/init.d/pxe start

ProxyDHCPが使用するポート67番を/etc/servicesに記述します。

[/etc/services]
-------------------
pxe   67/udp
pxe   4011/udp
-------------------

5) NFS
上記と同様になります。

6) インストール
上記と同様になります。
キーワード
install Intel boot DHCP vmlinuz Network Interface Card PXE

関連文書
  • [24]NFS インストール用のサーバ設定

    対象製品
  • Turbolinux 8 Server
    Last modified : Thu Jan 16 JST 2003 # 2