• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ドキュメント
サポート案内
ユーザー登録
サポートセンター
ドキュメント
ダウンロード
セキュリティ
よくある質問とその回答
製品マニュアル
カタログ
収録パッケージ一覧


XFree86 No. 479

Matrox G400におけるマルチヘッドディスプレイ表示


【解説】

Matrox G400を使用して、マルチヘッドディスプレイ表示を行う設定です。
使用したグラフィックカードとXFree86のバージョンは以下のものです。
グラフィックカード : Matrox Millennium G400 MAX
           G4+ MMDHA32GR
XFree86 : XFree86 4.1.0


【設定】

設定を行う際には、必要に応じて元のファイルのバックアップを行って下さい。

(1)
matroxのFTPサイト

ftp://ftp.matrox.com/pub/mga/archive/linux/2001/beta_1_3_0

から以下の2つのドライバ
 ■mga_drv.o
 ■mga_hal_drv.o
をダウンロードして /usr/X11R6/lib/modules/drivers に置きます。
その際に、元のmga_drv.oのバックアップを行います。

$ mv mga_drv.o mga_drv.o.bak

(2)
XF86Config を以下の要領で編集します。

[/etc/X11/XF86Config]
--------------------------------------------------------------
 Section "ServerLayout"
        Identifier      "Default Layout"
        Screen          "Screen0" LeftOf "Screen1" <--Screen0が左側、Screen1が
右側の表示を行う
        Screen          "Screen1"                   <--2台目のディスプレイ
        InputDevice     "Mouse0"        "CorePointer"
        InputDevice     "Keyboard0"     "CoreKeyboard"
        Option "Xinerama"                           <--Xinerameのオプション
EndSection

 (中略)

Section "Monitor"
        Identifier      "Monitor0"  <--1台目のディスプレイの定義
        HorizSync       30.0-85.0
        VertRefresh     48.0-120.0
        #VendorName     "Sony"
        #ModelName      "CPD-E200/E200E"
EndSection

Section "Monitor"
        Identifier      "Monitor1"  <--2台目のディスプレイの定義
        HorizSync       30.0-85.0
        VertRefresh     48.0-120.0
EndSection

Section "Device"
        Identifier      "Card0_1"
        Driver          "mga"
        VendorName      "Matrox"
        BoardName       "MGA G400 AGP"
        BusID           "PCI:1:0:0"
        VideoRam        32768
        Screen 0
EndSection

Section "Device"
        Identifier      "Card0_2"
        Driver          "mga"
        VendorName      "Matrox"
        BoardName       "MGA G400 AGP"
        BusID           "PCI:1:0:0"
        VideoRam        32768
        Screen 1
EndSection

Section "Screen"
        Identifier      "Screen0"
        Device          "Card0_1"
        Monitor         "Monitor0"
        DefaultDepth    16
        SubSection      "Display"
                Depth   16
                Modes   "1024x768"
        EndSubSection
EndSection

Section "Screen"
        Identifier "Screen1"
        Device     "Card0_2"
        Monitor    "Monitor1"
        DefaultDepth      16
        SubSection "Display"
                Depth     16
                Modes "1024x768"
        EndSubSection
EndSection

 (中略)

--------------------------------------------------------------

(3)
以上で設定は完了ですので、コマンドラインより以下のコマンドを
入力し、Xの起動確認を行います。

$ startx
キーワード
XF86Config XFree86 Display

関連文書
(none)

対象製品
  • Turbolinux 7 Server
  • Turbolinux 7 Workstation
    Last modified : Tue Jan 08 JST 2002 # 1