• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ドキュメント
サポート案内
ユーザー登録
サポートセンター
ドキュメント
ダウンロード
セキュリティ
よくある質問とその回答
製品マニュアル
カタログ
収録パッケージ一覧


XFree86 No. 474

フレームバッファを利用してX Window Systemを表示させる


【解説】

自動認識されたビデオカードを使用してX Window Systemの画面を表示させることが困難
な場合、カーネルのフレームバッファ機能を使用して画面を表示させるという方法を行う
ことによって、問題が解決する場合があります。

【設定】

(1)
OS を再起動します。
起動時にLILOの画面で[ESC]を押し、コマンド画面を表示させます。
ここで、

boot: linux vga=ask
(起動名がlinuxの場合)

と入力します。

(2)
[ENTER]を押すと画面に一覧表が表示されますので、

例:
Enter mode number or 'scan': 315

と入力します。この数字は、画面解像度と色数を表すコード番号になります。
対応は以下のようになります。

    | 640x480  800x600  1024x768 1280x1024
----+-------------------------------------
256 |  0x301    0x303    0x305    0x307   
32k |  0x310    0x313    0x316    0x319   
64k |  0x311    0x314    0x317    0x31A   
16M |  0x312    0x315    0x318    0x31B  

(3)
コンソール画面がフレームバッファモードで起動され、先頭にペンギンのイラストが表示
されていれば成功です。root ユーザーでログインしてください。

(4)
turboxcfg で作成した XF86Config ファイルのDeviceセクション
を修正します。

例:
[/etc/X11/XF86Config]
-----------------------------------
Section	"Device"
	Identifier	"Card0"
	Driver		"fbdev"     <-- Driverを変更
	VendorName	"Intel"
	BoardName	"i810e"
	BusID		"PCI:0:1:0"
	VideoRam	8192
EndSection
-----------------------------------

なお、フレームバッファ使用時には、Screenセクションにてmodeを指定することが
できません。画面解像度は起動時に指定されたモードに設定されます。

(5)
startx を実行してください。

X Window System の画面が正しく表示されることが確認できたら、再起動時に常に
フレームバッファが有効になるように設定を行います。

(6)
lilo.conf に以下の記述を追加します。

[/etc/lilo.conf]
-------------------------
・・・
default=vga                <--- 必要に応じて初期起動カーネルを変更

image=/boot/vmlinuz
        label=linux
        read-only
        root=/dev/hda2

image=/boot/vmlinuz        <--- 使用中のimage節を複製します。
        label=vga          <--- 任意のラベルを指定します。
        read-only
        vga=789            <--- vga行を追加し、画面モードを10進数で指定します。
        root=/dev/hda2
-------------------------

設定ファイルを変更したら、

# lilo -v

を実行し、設定を反映させます。

ここでは、vga 行をlilo.confのローカル設定部に記述しましたが、グローバル設定部
に記述すれば、すべての起動ラベルに対して適用されます。

(7)
OS を再起動してください。liloの起動画面に'vga'というラベルが表示されています
のでこれを選択し、X Window System が正常に起動されることを確認してください。

【参考】

フレームバッファの詳細につきましては、カーネルドキュメント
/usr/src/linux/Documentation/fb/vesafb.txt
および、オンラインマニュアル`man fbdev`をご参照ください。
キーワード
XFree86 X Window System

関連文書
(none)

対象製品
  • Turbolinux 7 Server
  • Turbolinux 7 Workstation
    Last modified : Mon Dec 03 JST 2001 # 1