• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ドキュメント
サポート案内
ユーザー登録
サポートセンター
ドキュメント
ダウンロード
セキュリティ
よくある質問とその回答
製品マニュアル
カタログ
収録パッケージ一覧


ネットワーク No. 438

RP-PPPoEを使用してADSL回線に接続する


ADSL回線を用いたインターネットサービスプロパイダとの接続には、PPPoE(Point to Point
Protocol over Ethernet)というプロトコルを用いるのが一般的です。
ADSLブロードバンドルータまたはADSLモデムにて PPPoE 認証を受ける場合は、
Turbolinux 側で PPPoE 認証の設定を行う必要がないため、通常のネットワーク
設定を行うことによって接続が可能です。turbonetcfgコマンドなどによってTCP/IP
接続設定を行ってください。

PPPoEの認証をTurbolinux側で行う必要がある場合には、クライアントソフトウェアの
設定が必要になります。接続のためのクライアントソフトウェアのひとつに、
RP-PPPoE(Roaring Penguin's PPPoE Software)があります。

【準備】

(1)
あらかじめ、LinuxカーネルにEthernetカードを認識させておく必要があります。
また、/etc/sysconfig/networkのGATEWAYおよびGATEWAYDEVではじまる行は削除しておき
ます。削除後は、ネットワークの再起動が必要です。

# /etc/init.d/network restart

(2)
次のパッケージがインストールされていることを確認します。
ここでは、Turbolinux 7 Workstation に標準でインストールされるバージョンを使用
して解説しています。

rp-pppoe-3.0-2
ppp-2.4.0-3
rp-pppoe-gui-3.0-2 (GUIによる設定ツール)

【設定】

設定にはコマンドラインベースのadsl-setupコマンドを用いる方法と、GUIベースの設定
ツールを用いる方法があります。ここでは adsl-setupコマンドを用いる方法を解説しま
す。この方法の場合、設定内容は主に/etc/ppp/pppoe.confに保存されることになります。

ここでは次の設定値を用いて説明します。

     プロバイダ接続ユーザ名 :     test@turbolinux.co.jp
     モデム接続インターフェース : eth1
     DNS設定 :                    行わない(既存の設定を用いる)
     フィルタ設定 :               行わない(別途設定を行う)

(1)
adsl-setupコマンドを実行します。

# adsl-setup

(2)
プロバイダ接続のためのユーザー名を入力します。

USER NAME
>>> Enter your PPPoE user name (default bxxxnxnx@sympatico.ca): 
test@turbolinux.co.jp

(3)
ADSLモデムを接続しているイーサネットインターフェース名を入力します。

INTERFACE
>>> Enter the Ethernet interface connected to the ADSL modem
For Solaris, this is likely to be something like /dev/hme0.
For Linux, it will be ethn, where 'n' is a number.
(default eth1): eth1

(4)
接続要求がある毎に接続を行い、無通信時には切断させるには、接続を切り離すまでの
無通信時間を秒単位で入力します。常時接続環境の場合はデフォルトnoとします。通常は
noにすることが多いでしょう。

Do you want the link to come up on demand, or stay up continuously?
If you want it to come up on demand, enter the idle time in seconds
after which the link should be dropped.  If you want the link to
stay up permanently, enter 'no' (two letters, lower-case.)
NOTE: Demand-activated links do not interact well with dynamic IP
addresses.  You may have some problems with demand-activated links.
>>> Enter the demand value (default no): no

(5)
プロバイダのDNSサーバのIPアドレスを入力します。既に/etc/resolv.confにDNSの設定が
ある場合は、何も入力せずに[Enter]とします。また、接続時にプロバイダのサーバーが
DNS情報を送り込んでくる場合は server と入力します。

DNS
Please enter the IP address of your ISP's primary DNS server.
If your ISP claims that 'the server will provide DNS addresses',
enter 'server' (all lower-case) here.
If you just press enter, I will assume you know what you are
doing and not modify your DNS setup.
>>> Enter the DNS information here:

(6) 
手順(5)でDNSアドレス(プライマリ)を入力した場合は、セカンダリDNSアドレスも設定する
ことができます。

Please enter the IP address of your ISP's secondary DNS server.
If you just press enter, I will assume there is only one DNS server.
>>> Enter the secondary DNS server address here: 

(7)
プロバイダ接続のためのパスワードを入力します。

PASSWORD
>>> Please enter your PPPoE password: ********   
>>> Please re-enter your PPPoE password: ********

(8)
ファイアウォールの基本的な設定を行います。
別途ファイアウォールの設定を行う場合は 0 を入力します。通常は 0 を入力して、
別途設定を行うようにしたほうが良いでしょう。
ここで設定する場合には、ホストの用途に応じて 1 (rp-pppoeを設定するマシンだけで
Internetを利用する場合)や 2 (ローカルLAN上の他のマシンもrp-pppoeを設定するマシン
を通してInternetを利用する場合)を入力することで、セキュリティの基本的な設定がな
されます。

FIREWALLING
Please choose the firewall rules to use.  Note that these rules are
very basic.  You are strongly encouraged to use a more sophisticated
firewall setup; however, these will provide basic security.  If you
are running any servers on your machine, you must choose 'NONE' and
set up firewalling yourself.  Otherwise, the firewall rules will deny
access to all standard servers like Web, e-mail, ftp, etc.  If you
are using SSH, the rules will block outgoing SSH connections which
allocate a privileged source port.

The firewall choices are:
0 - NONE: This script will not set any firewall rules.  You are responsible
          for ensuring the security of your machine.  You are STRONGLY
          recommended to use some kind of firewall rules.
1 - STANDALONE: Appropriate for a basic stand-alone web-surfing workstation
2 - MASQUERADE: Appropriate for a machine acting as an Internet gateway
                for a LAN
>>> Choose a type of firewall (0-2): 0

(9)
ここで今までの入力値がサマリー表示されます。

** Summary of what you entered **
Ethernet Interface: eth1
User name:          test@turbolinux.co.jp
Activate-on-demand: No
DNS addresses:      Do not adjust
Firewalling:        NONE

(10)
表示された値を確認し、問題なければ y を入力します。

>>> Accept these settings and adjust configuration files (y/n)?

【接続】

接続はroot権限にて次のコマンドを入力します。

# adsl-start
... Connected!

Connected! と表示されれば接続成功です.

切断は次のコマンドです。
   
# adsl-stop


システム起動時に自動接続させ、システムシャットダウン時に自動切断させるには、シス
テム起動時に /etc/init.d/adsl が実行されるようにします。
常時接続環境では通常この方法を用いることが多いでしょう。
  
# chkconfig adsl on
キーワード
PPP network PPPoE

関連文書
  • [506]DHCPを使用してネットワークを設定するとネームサーバーにアクセスできない

    対象製品
  • Turbolinux 10 Server
  • Turbolinux 10 Desktop / F...
  • Turbolinux 8 Server
  • Turbolinux 8 Workstation
  • Turbolinux 7 Server
  • Turbolinux 7 Workstation
    Last modified : Wed Dec 22 JST 2004 # 3