• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ドキュメント
サポート案内
ユーザー登録
サポートセンター
ドキュメント
ダウンロード
セキュリティ
よくある質問とその回答
製品マニュアル
カタログ
収録パッケージ一覧


ツールの解説 No. 428

Canon Bubble Jet Print Filter for Linux の設定


Canon Bubble Jet Print Filter for Linux の設定(USB接続)


Canon Bubble Jet Print Filter for Linux を使用すると、Windows、Macintosh用の
キャノン製プリンタドライバと同等の写真画像印刷をUSB接続及びパラレル接続
で実現することが可能となります。
また、GUIにより操作が可能であり、プリンタステータスの取得が可能になります。

Turbolinux 7 Workstaion のコンパニオンCDに収録されているバージョンに対応
しているプリンタは次の通りです。

Canon  BJ F360
Canon  BJ F850(BCI-5インク対応)
Canon  BJ F850(BCI-6インク対応)
Canon  BJ F860
Canon  BJ F870
Canon  BJ S600
Canon  BJ S630
Canon  BJ S6300

また、それぞれのプリンタに対応するRPMパッケージは次の通りです。

bjfiltercom-1.3-0.i386.rpm    各プリンタ共通パッケージ
bjfilter360-1.3-0.i386.rpm    Canon BJ F360用
bjfilter850-1.3-0.i386.rpm    Canon BJ F850(BCI-5インク対応)用
bjfilter850ug-1.3-0.i386.rpm  Canon BJ F850(BCI-6インク対応)用
bjfilter860-1.3-0.i386.rpm    Canon BJ F860用
bjfilter870-1.3-0.i386.rpm    Canon BJ F870用
bjfilters600-1.3-0.i386.rpm   Canon BJ S600用
bjfilters630-1.3-0.i386.rpm   Canon BJ S630用
bjfilters6300-1.3-0.i386.rpm  Canon BJ S6300用

なお、上記のRPMパッケージは以下のURLからダウンロードを行うことができます。

Canon 周辺機器/Linuxドライバ情報
http://www.canon-sales.co.jp/e-support/linux/



【設定】

ここでは 「BJ F860」を端末とUSB接続して使用する例を説明します。
(1)
"bjfiltercom" と使用するプリンタに対応したRPMパッケージをインストールします。

# rpm -ivh bjfilter860-1.3-0.i386.rpm
# rpm -ivh bjfiltercom-1.3-0.i386.rpm

(2)
lpd・murasakiサービスを開始します。

# /etc/rc.d/init.d/lpd start
# /etc/rc.d/init.d/murasaki start

以下のコマンドにより lpd・murasaki サービスを起動時に
on にすることができます。

# chkconfig --level 35 lpd on
# chkconfig --level 35 murasaki on

(3)
printconfig パッケージのバージョン確認を行う。

# rpm -qa | grep printconfig

出力される結果が、"printconfig-1.2.4-11" または、それ以前のバージョンである場合には
次のFTPサイトより最新版 "printconfig" パッケージをダウンロードし、アップデートを
行う。

ftp://ftp.turbolinux.co.jp/pub/TurboLinux/TurboLinux/ia32/Workstation/7/updates/RPMS/

# rpm -Uvh <パッケージ名>

(4)
turboprintcfg を起動します。

# turboprintcfg

起動後に[追加]-[ローカルプリンタ]を選択します。
分かりやすいように
------------------------------------------------------
 キュー名             :bjf860ps
 スプールディレクトリ:/var/spool/lpd/bjf860ps
------------------------------------------------------
と設定し、プリントフィルタ及びプリンタデバイスを
次のように設定して下さい。
------------------------------------------------------
 プリントフィルター :/usr/local/bin/bjf860ps
 プリンタデバイス  :/dev/usb/lp0
------------------------------------------------------
その他の設定箇所は編集の必要はありません。

上記設定により /etc/printcap は以下のように設定されます。
------------------------------------------------------
bjf860ps:\
        :sh:\
        :sd=/var/spool/lpd/bjf860ps:\
        :mx#0:\
        :lp=/dev/usb/lp0:\
        :lf=log:af=acct:\
        :if=/usr/local/bin/bjf860ps:
------------------------------------------------------
ここでは、"BJ F860" を例としていますが、ご使用のプリンタ環境に合わせて
"bjf860ps" の箇所を "bjf360ps"、"bjf850ps"、"bjf870ps"のように変更して下さい。

(5)
(4)で作成された /etc/printcap ファイルを以下のように編集して下さい。
------------------------------------------------------
bjf860ps:\
        :sh:\
        :sd=/var/spool/lpd/bjf860ps:\
        :mx#0:\
        :lp=/dev/usb/lp0:\
        :lf=log:af=acct:\
        :rw:\        <--- 追加する
        :if=/usr/local/bin/bjf860ps:
------------------------------------------------------

(6)
/dev/usb/lp0 ファイルのグループ属性を lp に変更します。

# chown lp.lp /dev/usb/lp0

(7)
lpdの再起動を行います。

# /etc/rc.d/init.d/lpd restart

(8)
以下のコマンドを入力します。

# xhost localhost

(9)
テスト印刷を行います。
正しく設定が行われている場合には、サンプル画像(虎のイラスト)が印刷されます。

# lpr -Pbjf860ps /usr/share/ghostscript/6.51/examples/tiger.ps



※1
パラレルケーブルでプリンタと端末を接続する際には、以下の3点をご確認下さい。
[1]
(4)のプリンタデバイスを次のように設定して下さい。
------------------------------------------------------
 /dev/lp0
------------------------------------------------------

[2]
/etc/modules.conf に以下の記述があるか確認して下さい。
------------------------------------------------------
 alias parport_lowlevel parport_pc
------------------------------------------------------

[3]
(6)の設定は行う必要はありません。


※2
(8)の作業は、Turbolinuxを起動する度に行って下さい。
また、プリンタドライバのバージョンが 1.3-0 ではなく 2.0 の場合には
"localhost" の箇所には

# hostname

コマンドを実行して出力されるホスト名を入れて下さい。


※3
(5)の作業は "turboprintcfg" を使用した後は毎回行って下さい。
キーワード
printer turboprintcfg printconfig Canon

関連文書
(none)

対象製品
  • Turbolinux 7 Workstation
    Last modified : Thu Mar 14 JST 2002 # 2