• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ドキュメント
サポート案内
ユーザー登録
サポートセンター
ドキュメント
ダウンロード
セキュリティ
よくある質問とその回答
製品マニュアル
カタログ
収録パッケージ一覧


ツールの解説 No. 426

ATOKにて漢字入力のON/OFFを[shift]+[space]で行いたい


ジャストシステム社製 ATOK では標準で [ctrl]+[space] キーで漢字入力の ON/OFF
が出来ます。これを、[shift]+[space] に変更したい場合、以下のように設定を行います。

a.「ATOK for Linux」をご利用の場合

IIimサービス起動時に、環境変数"JUSTSYSTEM_TRIGGER_SHIFT_SPACE"が"t"に設定されて
いる場合に[shift]+[space]による切り替えが有効になります。

/etc/init.d/IIimファイルを編集し、"export JUSTSYSTEM_TRIGGER_SHIFT_SPACE=t"
という記述を追加してください。

[/etc/init.d/IIim]
-------------------------------------------
...(省略)...
OPTIONS="-retryonerror 0"
RETVAL=0

export JUSTSYSTEM_TRIGGER_SHIFT_SPACE=t

case "$1" in
...(省略)...
-------------------------------------------

b.「ATOK X for Linux」をご利用の場合

/usr/lib/im/locale/ja/atokserver/shift_spaceファイルが存在する場合に[shift]+[space]
による切り替えが有効になります。
次のコマンドを実行してください。

# touch /usr/lib/im/locale/ja/atokserver/shift_space

なお、[shift]+[space] がすでに ATOK の他の機能に割り当てられている場合には、
必ず「カスタマイズ」の中の、「キーカスタマイズ」にて設定を他のキーに変更してくだ
さい。
キーワード
ATOK

関連文書
(none)

対象製品
  • Turbolinux HOME
  • Turbolinux 10 Desktop / F...
  • Turbolinux 8 Workstation
  • Turbolinux 7 Workstation
    Last modified : Thu Jan 27 JST 2005 # 2