• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ドキュメント
サポート案内
ユーザー登録
サポートセンター
ドキュメント
ダウンロード
セキュリティ
よくある質問とその回答
製品マニュアル
カタログ
収録パッケージ一覧


ツールの解説 No. 420

KDE ユーザ管理でユーザを作成後、passwd コマンドでパスワードが設定できない


【現象】

KDE ユーザ管理でユーザの作成だけを行ってから、後で passwd コマンドでパスワードを
設定しようとしたところ、

passwd: Authentication token manipulation error

と表示され、パスワードの設定を行うことができません。

【原因】

KDE ユーザ管理でパスワード設定を行わずにユーザを追加すると、シャドウパスワード
ファイル /etc/shadow にエントリが作成されないためです。
パスワードが設定されていない場合、KDE ユーザ管理を閉じるときに警告ダイアログが
表示されますので、見逃さないようにしてください。

【対策】

KDE ユーザ管理でユーザを作成した場合には、必ずパスワードの設定も KDE ユーザ管理
から行ってください。もし、ユーザを作成した後であれば、もう一度 KDE ユーザ管理を
用いて該当ユーザのパスワードを設定してください。

一旦パスワードが設定されれば passwd コマンドによるパスワードの再設定が可能になり
ます。
キーワード
KDE passwd

関連文書
  • [55]ユーザーアカウントの作成手順
  • [392]パスワードをバッチ処理で一斉更新する
  • [411]大量のシステムユーザーを一斉作成する

    対象製品
  • Turbolinux 7 Workstation
    Last modified : Mon Aug 20 JST 2001 # 1