• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ドキュメント
サポート案内
ユーザー登録
サポートセンター
ドキュメント
ダウンロード
セキュリティ
よくある質問とその回答
製品マニュアル
カタログ
収録パッケージ一覧


カーネル No. 357

SMPとkernel-2.2.18-1の使用上の注意


ServerSetIIIチップセット等を使用した一部のマルチプロセッサマシン、
またはマルチプロセッサ用のソケットを装着したマシンにおいて、
Turbolinux Advanced Server 6 及びメンテナンスキット#2に含まれる
kernel-2.2.18-1にアップグレードを行うと、
インストール完了後のシステム起動時に以下のようなエラーが発生し、
起動に失敗することがあります。

【現象】
  hdx: lost interrupt
  hdx: lost interrupt
        …
  scsi: aborting command due to timeout: pid 0, scsi0,
  channel 0, id 0, lun 0x
  00 00 00 00 00
        …
  sym53c8xx_reset:pid=0 reset_flags=2 serial_number=0
  serial_number_at_timeout=10
        …> 以降 SCSI resetting のメッセージが繰り返される

  Array装着時には、Array deviceへのアクセスでタイムアウト

この現象はSMPボードに装着されている
マルチプロセッサのための割り込みコントローラ(APIC)の機能が、
BIOSでの設定によってはkernel-2.2.18-1によって完全にサポート
されていないために生じる現象です。

【対処方法】
システム起動時のオプションとして、
以下の指定を行うことで起動及び運用が可能となります。

  LILO: linux noapic

また、/etc/lilo.conf に append="noapic" と記述する事で
起動時のオプション指定も必要なくなります。
※ /etc/lilo.conf 編集後は、必ず /sbin/lilo を実行してください。

キーワード
update SMP APIC Maintenance kit

関連文書
  • [358]ソフトウェアRAID使用中のシステムにメンテナンスキット#2を使用する場合の注意

    対象製品
  • Turbolinux Server 6.1
  • Turbolinux Advanced Server 6
    Last modified : Mon Feb 19 JST 2001 # 1