• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ドキュメント
サポート案内
ユーザー登録
サポートセンター
ドキュメント
ダウンロード
セキュリティ
よくある質問とその回答
製品マニュアル
カタログ
収録パッケージ一覧


既知の問題 No. 332

bindをアップデートするとzone転送でエラーが発生します


【現象】

BINDのゾーン転送でエラーが発生します。

【原因】

アップデートされるBIND8.2.2P5-3以降では[owner nobody][group nobody]、
BIND-8.2.2P5-5以降では[owner named][group named]で起動されるが、zoneファ
イルの保存ディレクトリ[/var/named/等]にnobodyまたはnamedに対する書き込
み権限がないためです。


【回避方法】

/var/named 以下に zone ファイルを保存するためのディレクトリを作成し、
そのディレクトリのオーナ・グループを nobody または named に設定してく
ださい。

BIND8.2.2P5-3 (TurboLinux Server 6.1 メンテナンスキット#1) をインストー
ルした環境では オーナ・グループ を nobody に、 BIND8.2.2P5-5 以降をイ
ンストールした環境では オーナ・グループ を named にしてください。

ディレクトリの作成:
# mkdir -p /var/named/slave

オーナー変更:
# chown -R named /var/named/slave

グループ変更:
# chgrp -R named /var/named/slave

【/etc/named.conf の記述方法】

例:
ゾーン "turbolinux.gr.jp" を/var/named/slave/turbolinux.gr.jp.zoneに保管する場合

[/etc/named.conf]
------------------------------------------------------------
zone "turbolinux.gr.jp" {
  type slave;
  file "slave/turbolinux.gr.jp.zone";
  masters { 192.168.1.1; 192.168.2.1;};
}
------------------------------------------------------------
キーワード
bind zone slave nameserver

関連文書
(none)

対象製品
  • Turbolinux 7 Server
  • Turbolinux Server6.5
  • Turbolinux 7 Workstation
  • Turbolinux Server 6.1
  • Turbolinux Workstation 6.0 LE
    Last modified : Thu Oct 19 JST 2000 # 2