• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ドキュメント
サポート案内
ユーザー登録
サポートセンター
ドキュメント
ダウンロード
セキュリティ
よくある質問とその回答
製品マニュアル
カタログ
収録パッケージ一覧


インストール No. 306

loadlinでインストーラーを起動してLibrettoにインストールする方法


LibrettoなどのようにCD-ROMドライブから起動できない場合にTurboLinuxを
インストールする方法として、MS-DOSからloadlin.exeを使用してインストー
ラーを起動する方法があります。

TOSHIBA LibrettoへのTurboLinuxのインストールには、いくつかの方法があ
ります。まず1つとしましては、東芝で行われているインストール代行サー
ビスを利用する方法、詳しくは以下のURLをご参照ください。

[東芝のLinux情報サイト]
http://linux.toshiba-dme.co.jp/linux/indexj.htm

 インストール代行サービスを利用せずにLibrettoへのインストールを行う
には、WindowsおよびLinuxの両方で認識・使用可能なPCMCIA外付けCD-ROMド
ライブが別途必要になります。

 インストーラーの起動方法としまして、CDブートやFDブートは使えないた
め、MS-DOSからブートする必要があります。インストールCD-ROMの
\dosutils ディレクトリ以下をC:\ドライブにコピーしてから、Windows9Xを
MS-DOSモードで再起動し、

C:\WINDOWS> cd \dosutils
C:\DOSUTILS> us
C:\DOSUTILS> autoboot

 のようにしてインストーラをMS-DOSから起動してください。

 このあとのインストーラーでCD-ROMが認識できた場合はそのままインスト
ールを続行してください。

 ただし、Xの設定は自動認識などを使用せずに、SVGAサーバーをインストー
ルして設定はスキップしてください。TurboLinux Workstation6.0製品版に
付属するturboxcfgでは、NeoMagicのビデオカードを正しく認識できない場合
がありますので、必要に応じ弊社ftpサイトからダウンロードし、アップデー
トしてください。

[新しいturboxcfg]

ftp://ftp.turbolinux.co.jp/pub/TurboLinux/stable/untested/6/i386/

から最新の xconfig パッケージをダウンロードしてアップデートしてくださ
い。

[アップデート方法]

アップデート方法については、関連文書 No.322 を参照してください。

 ただし、下記方法でXF86Configを直接入手できる場合は特にアップデート
する必要はありません。

 Libretto SS1000などでは、インストール後に東芝のWWWページよりダウン
ロードできるXF86Configファイルを/etc/X11/XF86Configに置き換えること
で簡単にX Window Systemを利用できるようになります。

[XF86Config]
http://linux.toshiba-dme.co.jp/linux/jpn/PAL100/XF86Config

 インストールがうまく行かない場合は、東芝のWWWページより配布されてい
る最新のBIOSをインストールしてみてください。

[最新BIOS]
http://linux.toshiba-dme.co.jp/linux/jpn/download.htm




キーワード
partition PCMCIA HDD boot Libretto WINDOWS loadlin cdboot.img CDROM TOSHIBA US

関連文書
  • [322]新しいTurbopkgへのアップデート方法

    対象製品
  • Turbolinux Workstation 6.0
    Last modified : Tue May 08 JST 2001 # 4