• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ドキュメント
サポート案内
ユーザー登録
サポートセンター
ドキュメント
ダウンロード
セキュリティ
よくある質問とその回答
製品マニュアル
カタログ
収録パッケージ一覧


XFree86 No. 263

X を起動してしばらくするとディスプレイが真っ黒になります


【現象】

X Window を起動して、しばらくすると、画面が真っ黒になります。

【原因】

デフォルト設定で screen-saver control が働いているためです

【対策】

これを無効するためには、
/etc/X11/XF86Configファイルの"Screen"セクションに
以下のオプションにBlankTimeの設定を追加しすることで無効にする
ことはできます。以下が設定例になります。

例)

Section "Screen"
      Driver    "svga"
      Device    "AutoProbed (nVidia Corporation Riva TNT2 Model 64:PCI)"
      Monitor   "Mitsubishi RDF17X"
      DefaultColorDepth    16
      BlankTime 0        <--この行を追加してください。
      Subsection "Display"
         Depth     8
         Modes    "1280x1024"
      EndSubsection
      Subsection "Display"
         Depth     16
         Modes    "1280x1024"
      EndSubsection
EndSection

その後、X を再起動してください。
キーワード
XF86Config Screensaver DPMS Suspend Blanktime xset

関連文書
  • [468]ディスプレイの省電力モードを有効にする

    対象製品
  • Turbolinux Server6.5
  • TurboCluster Server 4.0
  • Turbolinux Server 6.1
  • Turbolinux Advanced Server 6
  • Turbolinux Server 6.0
  • Turbolinux Workstation 6.0 LE
  • Turbolinux Workstation 6.0
  • Turbolinux Workstation 1.4
  • Turbolinux Workstation 1.0
  • Turbolinux Server 1.2
  • Turbolinux Server 1.0
  • Turbolinux Pro 4.2
  • Turbolinux 4.0
  • Turbolinux 3.0
  • Turbolinux 2.0
    Last modified : Fri Mar 29 JST 2002 # 2