• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ドキュメント
サポート案内
ユーザー登録
サポートセンター
ドキュメント
ダウンロード
セキュリティ
よくある質問とその回答
製品マニュアル
カタログ
収録パッケージ一覧


ハードウェアとドライバ No. 258

メルコ社製無線 LAN を利用する


メルコ社製無線 LAN (AirStation,AirConnect)の設定方法について解説します。

【Turbolinux 8 Workstation での設定方法】

検証機器
MELCO WLS-L11GS-L ( WLAR-L11G-L + WKI-PCM-L11G のセット)
検証はノートPCでのみ行っています。デスクトップタイプやタワータイプに
装備されているスロットや、PCI/ISAバスに装着するカードタイプスロットでの検証
は行っておりません。

ここでは、ESSID を AABBCCGROUP、暗号(WEP)を turbo とし、アクセスポイントへの接続
を行うものとします。

(1)

/etc/pcmcia/wireless.opts ファイルの該当部分をコメントアウトします。

[/etc/pcmcia/wireless.opts]
---------------------------------------------------------------------------
# NOTE : Remove the following four lines to activate the samples below ...
# --------- START SECTION TO REMOVE -----------
#*,*,*,*)
#    ;;
# ---------- END SECTION TO REMOVE ------------
---------------------------------------------------------------------------

また、ESSIDとkeyの値を記述します。

[/etc/pcmcia/wireless.opts]
---------------------------------------------------------------------------
# Lucent Wavelan IEEE (+ Orinoco, RoamAbout and ELSA)
# Note : wvlan_cs driver only, and version 1.0.4+ for encryption support
*,*,*,00:60:1D:*|*,*,*,00:02:2D:*)
    INFO="Wavelan IEEE example (Lucent default settings)"
    ESSID="AABBCCGROUP"   <--- 設定するESSID
    MODE="Managed"
    RATE="auto"
    KEY="s:turbo"         <--- s:設定する暗号
---------------------------------------------------------------------------

(もし、暗号キーを使用しない場合には、KEY=の行をコメントにしてください。)

(3)

pcmcia サービスを再起動します。

# /etc/init.d/pcmcia restart


【Turbolinux 7 Workstation での設定方法】

検証機器
MELCO WLS-L11GS-L ( WLAR-L11G-L + WKI-PCM-L11G のセット)
検証はノートPCでのみ行っています。デスクトップタイプやタワータイプに
装備されているスロットや、PCI/ISAバスに装着するカードタイプスロットでの検証
は行っておりません。

ここでは、ESSID を AABBCCGROUP、暗号(WEP)を turbo とし、アクセスポイントへの接続
を行うものとします。

(1)

/etc/pcmcia/wlan-ng.conf ファイルの該当部分をコメントアウトします。

[/etc/pcmcia/wlan-ng.conf]
----------------------------------------------------------
# card "Intersil PRISM2 Reference Design 11Mb/s WLAN Card"
#    manfid 0x0156, 0x0002
#    bind "prism2_cs"
----------------------------------------------------------

(2)

/etc/pcmcia/wireless.opts ファイルの該当部分をコメントアウトします。

[/etc/pcmcia/wireless.opts]
---------------------------------------------------------------------------
# NOTE : Remove the following four lines to activate the samples below ...
# --------- START SECTION TO REMOVE -----------
#*,*,*,*)
#    ;;
# ---------- END SECTION TO REMOVE ------------
---------------------------------------------------------------------------

[/etc/pcmcia/wireless.opts]
---------------------------------------------------------------------------
# Lucent Wavelan IEEE (+ Orinoco, RoamAbout and ELSA)
# Note : wvlan_cs driver only, and version 1.0.4+ for encryption support
*,*,*,00:60:1D:*|*,*,*,00:02:2D:*)
    INFO="Wavelan IEEE example (Lucent default settings)"
    ESSID="AABBCCGROUP"   <--- 設定するESSID
    MODE="Managed"
    RATE="auto"
    KEY="s:turbo"         <--- s:設定する暗号
---------------------------------------------------------------------------

(もし、暗号キーを使用しない場合には、KEY=の行をコメントにしてください。)

(3)

/etc/pcmcia/config.opts ファイルを修正します。

[/etc/pcmcia/config.opts]
--------------------------------------------------------
# Options for WaveLAN/IEEE driver (AccessPoint mode)...
#module "wvlan_cs" opts "station_name=MY_PC"
module "wvlan_cs" opts "eth=0"
--------------------------------------------------------

この変更を行わない場合、インターフェース名はeth?となります。(?に入る数字は環境
により異なります)
その場合は、以降の wvlan0 を eth? に読み替えてください。

(4)

/etc/sysconfig/network-scripts/ ディレクトリに ifcfg-wvlan0 ファイルを作成しま
す。

# touch /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-wvlan0

(5)

turbonetcfgコマンドで wvlan0 インターフェースの設定を行います。

(6) 

pcmcia サービスを再起動します。

# /etc/init.d/pcmcia restart

これで、無線LANカードを wvlan0 として使用できます。

【Turbolinux Workstation 日本語版6 での設定方法】

メルコ社製の無線 LAN (AIR CONNECT)を利用するには、pcmcia-cs-3.1.13 以上が
必要となるため TurboLinux Workstation 6.0 に収録されている pcmcia-cs バージョン
では利用する事ができません。

TurboLinux Workstation 6.0 にて AIR CONNECT を利用するための手順は次のように
なります。

1. pcmcia-cs のバージョンを 3.1.13 以上にする。

pcmcia-cs パッケージをバージョンアップする方法としては次の 2 通りがあります
ので、どちらかの手順を選択して下さい。

[方法 1]

弊社 ftp サイトにて提供している kernel-2.2.15 以上にアップデートする事で
pcmcia-cs のバージョンを 3.1.13 以上にする事ができます。
カーネルセキュリティーホール対策も含め、kernel-2.2.16 以上にアップデート
するこの方法をお勧めいたします。

カーネルアップデート手順については関連文書[110]をご覧ください。

カーネルパッケージの入手先は、

http://www.turbolinux.co.jp/update/

です。

[方法 2]

a) pcmcia-cs-3.1.13 以上のパッケージを次のサイトから入手します。

ftp://projects.sourceforge.net/pub/pcmcia-cs/

b) 入手したパッケージを解凍し、pcmcia-cs をインストールします。
※ pcmcia-cs のバージョンはダウンロードした物に合わせてください。

# tar zxvf pcmcia-cs-3.1.13.tar.gz
# cd pcmcia-cs-3.1.13/      
# make config
# make all
# make install


2. ネットワーク設定をします。

AIR CONNECT はネットワークインターフェース名として、eth0 ではなく wvlan0
という名前が使われます。ネットワーク設定をする場合、次のどちらかの方法を
選択して下さい。


[方法 1]

AIR CONNECT のインターフェース名を eth0 として使う場合。

/etc/pcmcia/config.opts ファイルに次の記述を追加する事で、AIR CONNECT の
インターフェース名を eth0 として利用する事ができます。

module "wvlan_cs" opts "eth=1"

この設定を実施した後は、turbonetcfg コマンドを利用しネットワーク設定を
行って下さい。


[方法 2]

AIR CONNECT のインターフェース名を wvlan0 のまま使う場合。

a) /etc/sysconfig/network-scripts/ に ifcfg-wvlan0 のファイルを追加
します(ファイル内容は以下を参照)

[ifcfg-wvlan0]
------------------------------------------------
DEVICE=wvlan0
IPADDR=210.110.1.1
NETMASK=255.255.255.0
NETWORK=210.110.1.0
BROADCAST=210.110.1.255
ONBOOT=yes
--------------------------------------------------

b) pcmcia-cs のアップデート[方法 2]を使ってアップデートした場合、
/etc/pcmcia/network スクリプトファイルを TurboLinux用のスクリプト
ファイルに戻す必要があります。 アップデート前のスクリプトファイル
は /etc/pcmcia/network.O というファイル名で保存されていますので
入れ替えて下さい。

# mv network network.org
# mv network.O network

c) /etc/pcmcia/network start wvlan0を実行して、ifconfigにてNetworkがUP
している事を確認してください。
キーワード
PCMCIA wvlan0 Network AIRCONNECT wireless

関連文書
  • [110]カーネルパッケージのアップグレード

    対象製品
  • Turbolinux 8 Workstation
  • Turbolinux 7 Server
  • Turbolinux 7 Workstation
  • Turbolinux Workstation 6.0
    Last modified : Thu Oct 04 JST 2001 # 2