• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ドキュメント
サポート案内
ユーザー登録
サポートセンター
ドキュメント
ダウンロード
セキュリティ
よくある質問とその回答
製品マニュアル
カタログ
収録パッケージ一覧


インストール No. 24

NFS インストール用のサーバ設定


【解説】

ネットワーク環境を利用した NFS インストールを行う場合の NFS サーバー設定は以下
のようになります。

※ローカルセグメント上での環境を想定してあります。
※セキュリティについては考慮されておりません。

【設定】

(1)portmapper の起動確認
nfs を利用する場合に portmap が起動されている必要があります。次のコマンドを実
行し、nfs サーバー側で portmap が起動しているか確認してください。

   # ps ax | grep portmap
   173 ?        SW     0:00 [portmap]

もし上記結果が得られず、portmap が起動していない様子でしたら、次のコマンドを実
行し portmap を起動してください。

   # /etc/rc.d/init.d/portmap start

(2)/etc/hosts.allow の設定
デフォルト状態では、クライアントの要求を受け付けない設定になっているため、
TCP_Wrapper のアクセス制御ファイルである /etc/hosts.allow に以下の記述を追加す
る必要があります。

※クライアントの IP アドレスが 192.168.1.2 の場合。

[/etc/hosts.allow]
------------------------------------------------------------------------
portmap: 192.168.1.2
------------------------------------------------------------------------

(3)ホスト名での接続設定
DNS や /etc/hosts ファイルで名前解決ができる設定が必要です。
NFS サーバー側の /etc/hosts ファイルで指定する場合、次のように記述してください。

※クライアントホスト名が test で、ドメイン名が turbolinux.co.jp の場合。

[/etc/hosts]
------------------------------------------------------------------------
192.168.1.2   test.turbolinux.co.jp   test
------------------------------------------------------------------------

(4)/etc/exports の設定
A. インストールCDが1枚の場合

NFS サーバー上の公開したいディレクトリ名(CD-ROM)とアクセス可能なホスト名を NFS
サーバーの /etc/exports ファイルに指定してください。

[/etc/exports]
------------------------------------------------------------------------------
/mnt/cdrom      (ro,all_squash)
------------------------------------------------------------------------------
            
※上記設定はホスト名が記述されていないため、全てのホストからアクセス(読込)が可
  能な状態になります。

NFS サーバーの CD-ROM ドライブにインストールCD-ROMをセットし、マウントしてくだ
さい。

# mount /mnt/cdrom

B. インストールCDが2枚の場合

2つのInstall CDをひとつにまとめてハードディスクへコピーしておく必要があります。

Install CD1
turboディレクトリをエクスポートするディレクトリにコピーします。

# cp -R /mnt/cdrom/turbo/ /nfs

Install CD2
turbo/RPMSディレクトリ以下のファイルを先ほどコピーしたturbo/RPMSディレクトリへ
コピーします。

# cp -R /mnt/cdrom/turbo/RPMS/ /nfs/turbo/

NFS サーバー上の公開したいディレクトリ名(/nfs)とアクセス可能なホスト名を NFS
サーバーの /etc/exports ファイルに指定してください。

[/etc/exports]
------------------------------------------------------------------------------
/nfs      (ro,all_squash)
------------------------------------------------------------------------------
            
※上記設定はホスト名が記述されていないため、全てのホストからアクセス(読込)が可
  能な状態になります。

(5)NFS デーモンの起動
NFS サーバー上で nfs デーモンを起動してください。

# /etc/rc.d/init.d/nfs start

NFS デーモンが起動しているか、次のコマンドで確認してください。

# ps ax | grep nfs
346 tty1     SW     0:00 [nfsd]
347 tty1     SW     0:00 [nfsd]
348 tty1     SW     0:00 [nfsd]


これでサーバー側の設定は完了です。後はクライアントをインストールする際に、NFS
サーバー名(IP アドレスも可)とエクスポートディレクトリを指定してください。
キーワード
NFS

関連文書
(none)


Last modified : Tue Dec 17 JST 2002 # 4