• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ドキュメント
サポート案内
ユーザー登録
サポートセンター
ドキュメント
ダウンロード
セキュリティ
よくある質問とその回答
製品マニュアル
カタログ
収録パッケージ一覧


XFree86 No. 22

XFree86 のアップデート方法


【概要】
製品デフォルトの XFree86 で対応していないグラフィックチップを使用している場合、
XFree86 のアップデートを行うことで X Window System を立ち上げることが可能です。
お使いのグラフィックチップ・グラフィックカードが最新のXFree86で対応しているか
どうかは以下をご確認ください。

ftp://ftp.XFree86.org/pub/XFree86/current/doc/

汎用XサーバであるXF86_SVGAに関しては、XFree86のバージョンごとに調べることがで
きます。例えば、2000年3月2日時点での最新バージョンは3.3.6ですので、

http://www.xfree86.org/3.3.6/index.html

より、"README for XFree86[tm] 3.3.6" --> "Supported video-card chip-sets"を一
読します。お使いのグラフィックチップがサポートされていることが確認できました
ら、以下の方法で XFree86 のアップデートを行います。以下では、XFree86-3.3.6 が
現時点での最新バージョンであることを前提にします。

【方法その 1】
弊社のFTPサーバ

ftp://ftp.turbolinux.co.jp/pub/Turbolinux/Turbolinux/ia32/Workstation/<version>/ja/updates/RPMS

にアクセスし以下をローカルハードディスクにダウンロードします。
XF86_SVGA を X サーバとして使用したいとき、

XFree86-100dpi-fonts-3.3.6-1.i386.rpm 
XFree86-3.3.6-1.i386.rpm 
XFree86-75dpi-fonts-3.3.6-1.i386.rpm  
XFree86-Mono-3.3.6-1.i386.rpm 
XFree86-SVGA-3.3.6-1.i386.rpm 
XFree86-VGA16-3.3.6-1.i386.rpm 
XFree86-XF86Setup-3.3.6-1.i386.rpm 
XFree86-cyrillic-fonts-3.3.6-1.i386.rpm  
XFree86-devel-3.3.6-1.i386.rpm 
XFree86-libs-3.3.6-1.i386.rpm 
XFree86-xaw-3.3.6-1.i386.rpm   
XFree86-xfs-3.3.6-1.i386.rpm 
XFree86-xwrapper-3.3.6-1.i386.rpm  

をダウンロードします。
(XF86_SVGA 以外のXサーバは必要に応じてダウンロードしてください)
次にコマンド

# rpm -Uvh xxxxx.rpm

で rpm パッケージを一つずつアップデートします。(この方法については製品付属のマ
ニュアルもしくは

http://www.turbolinux.co.jp/knowledge/public/52.html

をご覧ください。)

この場合、XFree86-SVGA-3.3.6-1.i386.rpmをアップデートする際、すでにインストー
ルされている moonclock と "conflict" してエラーが生じますので、あらかじめ

# rpm -e moonclock

として moonclock を削除しておくか、または

# rpm -Uvh --force XFree86-SVGA-3.3.6-1.i386.rpm

として依存関係を無視して強行アップデートする必要があります。

【方法その 2】
上記のようにFTPで各rpmパッケージをローカルにダウンロードしたことを前提としま
す。rpm コマンドを使用しない場合は

# turbopkg

を実行し、"Base Path" でローカルハードディスクのディレクトリを指定し、
                            
Please confirm the correctness of these selections:               

Components File: Ignored                                          
Header List    : Ignored                                          
RPM Directory  : /<local_directory>/        

ではそのまま "OK" で、パッケージを選択すると自動的にアップデートされます。

【方法その 3】
お使いのマシンがネットワークにつながっていれば、FTP経由でもアップデートができ
ます。

# turbopkg

コマンドから、"FTP Server" を選択し、プロキシサーバがある場合はそれを入力、な
ければ "Do Not Use Proxy" を選択。次に "Updates" から、"Custom" サイトの設定で

ftp://ftp.turbolinux.co.jp/pub/Turbolinux/Turbolinux/ia32/Workstation/<version>/ja/updates/RPMS

とします。うまく接続できますと、

"receiving 'hdlist'..."、 "receiving 'comps.ja_JP.ujis'..." 

となりパッケージを選択する準備ができます。ここで X11/XFree86、
X11/XFree86/Servers といった項目で必要なものにチェックをつければ自動的にアップ
デートが行われます。


方法その 1 〜 その 3 終了後、

# rpm -qa |grep XFree86

でバージョンが置き換わったことを確認し、

# XF86Setup

を実行して X Windows System の設定します。初めて実行するときは、マウス・キーボ
ードを含めてすべての項目を設定する必要があります。最後に

# startx

として X Window System を立ち上げます。
キーワード
XFree86

関連文書
(none)

対象製品
  • Turbolinux Workstation 6.0
  • Turbolinux Pro 4.2
  • Turbolinux 4.0
    Last modified : Thu Sep 07 JST 2000 # 3