• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ドキュメント
サポート案内
ユーザー登録
サポートセンター
ドキュメント
ダウンロード
セキュリティ
よくある質問とその回答
製品マニュアル
カタログ
収録パッケージ一覧


ネットワーク No. 200

Planex社 イーサネットカード 9802-T が認識できない


[現象]
planex社 FNW-9802ネットワークカードを認識できない。

[原因]
モジュールが組み込まれていないので、認識できません。

[対策]
ネットワークカードドライバのコンパイルが必要です。

1.ファイルをコピー

製品付属のフロッピーディスクをドライブに入れ、mcopy コマンドを使ってファイルをコピーします。

# mkdir /temp
# mcopy a:/linux/* /temp

ファイル名がすべて大文字になってしまうので、必要なファイルだけ小文字に直します。

# mv KNCOMPAT.H kncompat.h
# mv TRANS trans
# mv TULIP.C tulip.c

 2.実行ファイルの書き換え

trans ファイルがコンパイルとファイルのコピーを自動的に行うファイルですが、
このまま使用したのでは上手くいかず、エラーが出て tulip.o が生成されません。

vi等のエディターを使用して trans を開きます。
1行目「-D_KERNEL_」の次に、「-isystem /usr/src/linux/include/」を追加します。

[変更前]
gcc -DMODULE -D__KERNEL__ -Wall -Wstrict-prototypes -O6 -c tulip.c `[-f
/usr/src/linux-2.2.13/include/linux/modversions.h ] && echo
-DMODVERSIONS`

[変更後]
gcc -DMODULE -D__KERNEL__ -isystem /usr/src/linux/include/ -Wall
-Wstrict-prototypes -O6 -c tulip.c `[ -f
/usr/src/linux-2.2.13/include/linux/modversions.h ] && echo
-DMODVERSIONS`

標準だとコンパイルに必要なファイルの include 先が /usr/include/linux に
なっていますが、ファイルは別のディレクトリにあるので、正しく指定します。

そのオプションが -isystem <DIR>(正確には最初に見に行くディレクトリの指定
をするオプション)となります。

3.コンパイルする

まずはファイルを実行できる形式にする必要があるので、パーミッションを変更
その後 trans ファイルを実行します。

# chmod 777 trans
# ./trans

成功すれば何もメッセージが出ずにコマンドが終了し、同じディレクトリに
tulip.o ファイルが出来るので、それを /lib/modules/2.2.13-33/net/ にコピーします。

# cp /lib/modules/2.2.13-33/net/

以前の tulip.o は tulip.old などどして保存しておきます。

4.設定と組み込み

/etc/modules.conf に以下の1行を追記します。

[/etc/modules.conf]
-----------------------------
 alias  eth0  tulip
-----------------------------

次に、turbonetcfg で設定を行ってから再起動をするか、又は

# modprobe tulip

を実行することで使用できるようになります。


キーワード
planex

関連文書
(none)

対象製品
  • TurboCluster Server 4.0
  • Turbolinux Server 6.1
  • Turbolinux Server 6.0
  • Turbolinux Workstation 6.0 LE
  • Turbolinux Workstation 6.0
    Last modified : Mon Oct 23 JST 2000 # 1