• お問い合わせ
  • ユーザー登録
ドキュメント
サポート案内
ユーザー登録
サポートセンター
ドキュメント
ダウンロード
セキュリティ
よくある質問とその回答
製品マニュアル
カタログ
収録パッケージ一覧


ガイド No. 177

ATOK12SEで日本語カナ漢字入力をする方法


【対象製品】
TurboLinux 日本語版 4.0
TurboLinux 日本語版 PRO 4.2

【現象】
ATOK12SEでatok12prxの画面上でカナ入力の設定を行うことができますが
日本語カナ漢字入力がきでません

【対策】
ジャストシステム株式会社のWWWページ

http://www.justsystem.co.jp/

よりダウンロードできる「ATOK12 SE for Linux用kinput2xかな入力評価版」を
インストールすることで、カナ漢字変換を実現することができます。

kinput2xが動作していないことを確認し、カナ入力に対応した評価版のkinput2xを
ダウンロードして差し替え、

#kinput2x -atok -server localhost -kana jis &

のように最後に"-kana"オプションをつけることでカナ入力ができます。またキーボードの
種類に応じて"jis"/"ansi"を指定します。

/etc/X11/xinit/xinitrc
を編集し kinput2x の部分に"-kana jis"のようなオプションを追加することで
毎回起動時にカナ入力のできるATOK12SEが利用できるようになります。

詳しいセットアップ方法はジャストシステムのページをご参照ください。

キーワード
ATOK12SE

関連文書
(none)

対象製品
  • Turbolinux Pro 4.2
  • Turbolinux 4.0
    Last modified : Thu Jun 29 JST 2000 # 1