1.3. DVD-ROM からの起動方法を確認してください

1.3.1. DVD-ROM から Turbolinux Client 12.5 を起動するには

Turbolinux Client 12.5 の Live DVD からシステムを起動するには、DVD-ROM ドライブに DVD-ROM を挿入した状態で PC の電源を投入するだけという機種もあります。しかし、パソコンの起動デバイスの設定を変更しなければならない機種もあるでしょう。

通常、PC には起動デバイスの優先順位の設定というものがあります。例えば、DVD-ROM より、ハードディスクの優先順位の方が高く設定されていると、パソコンが DVD-ROM デバイスの Turbolinux Client 12.5 を認識する前に、ハードディスクにインストールされている Windows が認識され起動されます。このような場合は、ハードディスクより先に DVD-ROM が検索されるように、パソコンに設定されている起動デバイスの優先順位を変更する必要があります。起動デバイスを変更する手順は、パソコンの機種によって様々です。パソコンの起動画面で、特定のキーを押すと起動デバイスの選択メニューが表示される機種や、[F2] キーや[Delete]キーを押し、BIOS と呼ばれる設定画面を表示し変更する機種もあります。事前にパソコン付属のマニュアルやメーカーのホームページの情報を参照し、起動デバイスの変更方法を確認し DVD-ROM から起動するようにしておいてください。

BIOS 設定変更の例

ティップ

ご利用の PC の設定方法は、PC に付属の取扱説明書やメーカーのホームページで確認してください。

以下は "Phoenix - Award BIOS" を搭載したデスクトップ PC で DVD-ROM の起動優先順位を 1 番に変更する場合の例です。参考にしてください。

  1. パソコンの起動画面で[F2]キーや[Delete]キーを押して、BIOS 画面を表示します。

  2. 矢印キーで "Advanced BIOS Features" にカーソルを合わせます。

  3. [Enter]キーを押して "Advanced BIOS Features" 画面を表示します。

  4. "First Boot Device"、"Second Boot Device"、"Third BootDevice" の設定メニューで起動デバイスの優先順位を変更することができます。例えば、以下のように設定されているパソコンでは、"DVD-ROM" → "フロッピーディスク" → "ハードディスク" の順番で起動デバイスを検索します。

    First Boot Device DVDROM

    Second Boot Device Floppy

    Third Boot Device Hard Disk