• お問い合わせ
  • ユーザー登録
Turbolinux 11 Server
製品概要
機能と特長
Zend ソリューション
クラスタロードバランサ
TOMOYO Linux
サポートについて
収録パッケージ一覧
収録サーバーサービス
製品マニュアル
対応ハードウェア情報
対応ソフトウェア情報
フリーダウンロード版
サービスパック
ライセンスの取得
仮想化によるWebシステムの性能強化
メールサーバの性能測定
Qt SDK
Open-Xchangeソリューション

サーバー

Cluster LoadBalancerは、専用ハードウェアを必要とせずにサーバーサービスの高可用性と負荷分散を実現するTurbolinux 11 Server専用ミドルウェアです。

製品収録版ではATM(Advanced Traffic Manager:アドバンスドトラフィックマネージャ)2ライセンス、サービスノード2ライセンスを使用できます。
Turbolinux 11 ServerStandard Platformではサービスノードを10ノードまで設定することができます。


ターボリナックス クラスタロードバランサ

機能概要
「Turbolinux Cluster LoadBalancer」は、サーバーサービスの高可用性と負荷分散を実現するソフトウェアロードバランサです。本製品を使用することにより、Webサービスをはじめとするインターネットサービスをクラスタリングすることができます。

クラスタシステムの中枢であるATM(Advanced Traffic Manager)が、クライアントからのリクエストを、配下にある複数のサービスノードへTCP/IPベースのプロトコルを負荷分散します。

ATMは、サービスノードにおけるサービスレベルの異常を自動検知し正常なノードにのみリクエストを送信します。サービスノードの障害発生時にもシームレスなサービス提供を継続します。

クラスタ化していないシステムでは、急激なクライアント要求の増加やサーバーの障害発生時に、提供するサービスの遅延や停止といった可能性が考えられます。
質の高いスムーズなサービスの提供を継続するために、システムのクラスタリングを導入するケースが非常に増加しています。

さらに、Turbolinux Cluster LoadBalancer ではATMの二重化構成をとることが可能です。稼動系のATMの障害発生時には待機系のATMへと処理が引き継がれ、飛躍的に可用性が向上します。

Turbolinux Cluster LoadBalancerを利用しクラスタリングを行うことで、非常に費用対効果の高い、可用性と処理性能の高いシステム構築が可能になります。管理面においては、充実した機能と直感的な操作性を持つWebブラウザベースのクラスタ管理コンソール(CMC:Cluster Management Console)や、クラスタ構成やコンテンツを容易に同期化するツールを実装しています。